甲子園球場のおすすめのお土産8選とスポットとは?

甲子園球場は、兵庫県西宮市に位置し、全国高等学校野球選手権大会と阪神タイガースのホームグラウンドです。大阪や神戸方面へ帰省や旅行をする方のなかには、甲子園球場に立ち寄るという方もいることでしょう。

今回は、甲子園球場に立ち寄るときにおすすめのお土産とスポットをピックアップします。

甲子園球場の概要

この章では、甲子園球場の歴史と施設の2つについてまとめています。

歴史

甲子園球場は、阪神電鉄によって1924年に開設された施設です。当時は、「甲子園大運動場」という名称でした。すでに別の施設で行われていた全国高等学校野球選手権大会(当時は全国中等学校野球大会という名称)は、開催場所を開設されたばかりの甲子園球場に移転し、今日に至っています。

それ以来、芝生を貼りつけたり、アルプススタンドやラッキーゾーンを設けたりするなど、プレイヤー側と観る側の双方に配慮した空間が実現しました。時代の流れとともに環境に配慮した改良工事がなされているのが特徴です。

また、甲子園球場は、全国高等学校野球選手権大会や阪神タイガースの本拠地ということもあり、野球のイメージが強いですが、「甲子園ボウル」というアメリカンフットボールの試合会場としても有名です。

球場内の施設

甲子園球場は、幅広い年齢層がストレスフリーに過ごせるよう、設備面でも多目的トイレや授乳室などを設けています。加えて、複数の飲食店が立ち並び、甲子園球場に足を運ばないと食べられないレアなメニューもあります。

そして、2010年には球場のリニューアル工事にともない、「甲子園歴史館」が球場内のレフト外野スタンド下にオープンしました。高校野球や阪神タイガースのこれまでの名勝負や名シーンを写真や映像を通じて公開。さらに貴重な品も展示されているので、甲子園球場に足を運んだときには歴史館にも足を運ぶ価値があるでしょう。

また、施設内のスタジアムツアーも実施しており、いくつかのプランを用意。なかには選手の練習見学ができるプランもあります。

参考
スタジアムツアー予約|甲子園歴史館