社会を効率よく暗記する方法とは?おすすめのアプリもご紹介! ( 2 )

社会を効率良く暗記するポイント

ここからは、社会科を効率良く暗記するためのポイントについて具体的にご紹介します。

全体の流れに重点を置く

全体の流れに重点を置いて勉強していくことが大切になる社会科。社会科は、全体を通して読み、内容を理解してから部分的な暗記をするなど、全体の流れに重点を置いて勉強をしていくことが、暗記の効率をアップさせ、成績を上げることへとつながっていきます。

前後関係を意識して理解する

全体の流れに重点を置くことに関する具体的な勉強方法の1つ目に、前後関係を意識して理解していくということが挙げられます。前後のつながりがとても大切になる社会科。社会科は、前後関係を意識して理解していくことで、覚えやすくなり、暗記の定着率も格段に上げることができます。1つの出来事だけを覚えるよりも、前後関係のつながりを読み取り、いくつかの出来事をまとめて覚えた方が、記憶に残りやすく、暗記しやすくなると言えるでしょう。

問題集を1冊解いて全体を把握

全体の流れに重点を置くことに関する具体的な勉強方法の2つ目に、問題集を1冊通して解いて全体を把握していくことが挙げられます。問題集を1冊解くことは、全体を把握することにつながり、社会科の暗記においてとても大切なことになります。ここでポイントになるのが、問題集の途中で解けない場所があったり、理解できないところがあっても、諦めずに最後まで問題集を解いていくということです。

理解できないところがあることで、勉強に対してのやる気がなくなり、問題集を解くこと自体を諦めてしまう人も中にはいるかもしれません。しかし、ここでは、全体を把握するために問題集に取り組んでいるため、理解できない箇所はそのままにして進めていっても問題はありません。問題集を1冊解くことに重点を置いておくことが大切です。そして、問題集を1冊解き終わると、達成感が生まれ、勉強に対するやる気も自然に上がっていきます。このように、全体の流れを把握するために、問題集を1冊解いていくことは、暗記効率を上げる方法としておすすめの方法となるでしょう。

知識として頭に入れる

社会科において内容を知識として頭に入れていくということは、大切なことです。暗記と聞くと、言葉をそのまま覚え、頭に入れることを想像する方も多いかもしれません。しかし、実際の暗記は、言葉をそのまま覚えただけでは頭には定着しにくいということがあります。内容を知識として頭に入れていくことで、暗記の定着率を上げることができ、また、社会科を楽しんで、楽しく理解することへとつながっていくでしょう。

時間を区切って覚える

知識として頭に入れることについての具体的な勉強方法の1つ目に、時間を区切って覚えていくということが挙げられます。人間の集中力というものは、そんなに長くは続かないもの。長く勉強時間をとっても、だらだらとし、集中力のない中で勉強をしていては、せっかく勉強のために割いたその時間が意味のないものになってしまいます。

そのようにならないためにも、社会科の勉強は、時間を区切って覚えていくことが大切です。「今日は、この時間のここまで覚えることを目標にしよう」などと時間を決め、範囲を区切っていくことが大切。そうすれば、だらだらと勉強をするということはなくなり、社会科を効率良く暗記していくことができるでしょう。

何度も繰り返して覚える

知識として頭に入れることについての具体的な勉強方法の2つ目に、何度も繰り返して覚えるということが挙げられます。前項では、時間を区切って覚えていくという勉強法をご紹介しましたが、時間を区切って覚えたことにつなげて、日に分けて何度も繰り返して覚えていくということも大切になります。

記憶の定着しやすい夜の寝る前などに覚え、朝起きて、夜覚えた箇所の確認、復習など、覚えたことを繰り返し、復習していくことで、暗記した内容はしっかりと頭に定着していき、効率良く社会科の勉強を進めていくことができるでしょう。

五感を活用して覚える

暗記には、五感を活用して覚えていくことが効果的だと言われています。視覚から入る大量の情報を体の五感を使って覚えていくことで、視覚から入る脳への負担が減り、分散されて、効率良く暗記をすることができるでしょう。

地図や絵などの印象から覚える

五感を活用して覚えることについての具体的な勉強方法の1つ目に、地図や絵などの印象から覚えていくということが挙げられます。社会科の内容を暗記したい時、文字だけではなく、地図や絵などを視覚として一緒に関連付けて覚えていくことで、その内容を情報として理解しやすく、思い出しやすくなり、暗記としての脳への定着率を上げます。結果として、勉強効率を格段に上げていくでしょう。

声に出し、書いて覚える

五感を活用して覚えることについての具体的な勉強方法の2つ目に、声に出し、書いて覚えていくということが挙げられます。声に出して覚えることや書いて覚えるということは、どちらか1つの方法だけで覚えるよりも効率的。聴覚と触覚その両方を利用していくことで、格段に暗記効率を上げることができ、暗記も定着しやすくなると言えるでしょう。