【中学生向け電子辞書の選び方】カシオとシャープ徹底比較

中学生になると勉強量が増える上、クラブ活動などで生活が忙しくなります。より効率的な勉強方法が求められる中学生には、ぜひ電子辞書の活用をおすすめします。

電子辞書を使うメリットは、まず省スペースであることです。いくつもの辞書や参考書を持って歩くのは大変ですが、電子辞書ならいつでも持ち歩け、必要なときにすぐ調べられます。

次に、紙の辞書よりスピーディーに調べられることです。時間を節約でき、集中力を途切れさせません。さらに、英語学習では音声も入っているため、発音の確認やリスニングの練習にも使えます。ここでは、中学生向け電子辞書を徹底解説します。

中学生向け電子辞書の特徴

中学生向け電子辞書のコンテンツ

英語・国語の辞書に加え、百科事典やドリル、参考書など、中学の5教科を網羅したコンテンツが収録されています。英検・漢検対策用ドリルや、NHKラジオの基礎英語、英語アニメ、文学集なども収録されています。

電子辞書は「辞書」にとどまらず、中学生の学習全体をサポートする多種多様なツールが凝縮されている頼もしい勉強の友です。

高校生向け電子辞書との違い

中学生向け電子辞書は、中学生の5教科を総復習するドリルなど高校受験に役立つコンテンツが取り揃えられています。値が張るものなので「3年間しか使わないなんてもったいない」と思うかもしれませんが、高校受験を考えているなら中学生向け電子辞書がおすすめです。

一方、中高一貫校に通っている場合、最初から高校生向け電子辞書を購入する選択肢もあります。中学生向け電子辞書に収録されている辞書や英会話などの基礎的コンテンツは、高校生向け電子辞書にも収録されているからです。

その上、上級者向けコンテンツや高校6教科に対応したコンテンツが付け加えられています。中高一貫校のなかには高校の学習内容を先取りして教える場合があり、高校生向け電子辞書が役立つこともあるでしょう。

カシオ・エクスワードとシャープ・ブレーン徹底比較

中学生向け電子辞書には、カシオのエクスワード3800シリーズと、シャープのブレーンがあります。ここでは、現行モデルのエクスワードXD-SR3800とブレーンPW-AJ1を比較してみましょう。

国語機能

主要な辞書機能で大きく違うところは、ブレーンPW-AJ1には小学生向けの小学館『例解学習国語辞典』が収録されているのに対し、エクスワードXD-SR3800には小学生向け国語辞典が収録されていないことでしょう。

それ以外では、両社とも、言葉の適切な使い方の解説に定評のある『明鏡国語辞典』と、中学生向け国語辞典のロングセラーである旺文社の『標準国語辞典』を採用するなど、コンテンツに大きな差はありません。

主要な辞書機能以外では、エクスワードXD-SR3800の方がコンテンツが豊富です。漢字検定ドリルは4級から対応し、文学辞典や筆順辞典なども収録しています。

エクスワードXD-SR3800 ブレーンPW-AJ1
国語辞典 2冊(一般向け、中学生向け) 3冊(一般向け、中学生向け、小学生向け)
国語大辞典 1冊 1冊
漢和・
古語辞典
2冊 2冊
類語・
反対語辞典
2冊 2冊
ことわざ・
四字熟語
2冊 2冊
その他の
辞典
カタカナ語辞典、日本語発音アクセント辞典、筆順辞典、近現代文学事典、古典文学事典、名歌名句事典 カタカナ語辞典
文学作品等 国語名作集、百人一首、
日本文学2000作品
現代文名作選、百人一首、俳句・和歌選、文学3000作品

英語機能

英語機能に関しては、ブレーンPW-AJ1よりエクスワードXD-SR3800の方がはるかに充実しています。エクスワードXD-SR3800の英和辞典はジーニアス、エースクラウン、初級クラウン、ニューホライズンと、入門から中級まで使える定評ある辞書を取り揃えています。
さらに、英英辞典の王道、ロングマンも収録しています。同じ単語でも辞書によって例文が異なるため、言葉のニュアンスを知りたい場合は辞書から辞書へとホッピングするなど、1歩踏み込んだ勉強もできます。
それに対し、ブレーンPW-AJ1の英和辞典は、ジーニアス、ベーシックジーニアス、レインボーの3つで、英英辞典はなく、入門寄りといえます。高校受験対策の英語勉強には十分なレベルですが、英語に興味を持ち、さまざまな言い回しや表現方法を調べたい場合は少し物足りないかもしれません。

エクスワードXD-SR3800 ブレーンPW-AJ1
英和辞典 4冊 3冊
和英辞典 3冊 2冊
英英辞典 1冊 なし
そのほかの
辞典
類語辞典、カタカナで引くスペリング辞典、英単語発音 なし
英文法 3冊 3冊
英会話 英語アニメ、アルクのキクタン、NHKラジオ基礎英語、NHKラジオ英会話、毎日ウィークリーニュース、名演説集など 英語アニメ、アルクのキクタン、NHKラジオ基礎英語
その他 英文学1000作品 英文学43作品

そのほかの教科機能

そのほかの教科に関しては、エクスワードXD-SR3800もブレーンPW-AJ1も一長一短があります。理科・社会・数学の参考書は、エクスワードXD-SR3800には入っていますが、ブレーンPW-AJ1には入っていません。
それに対し、日本史事典・世界史事典は、ブレーンPW-AJ1には入っていますが、エクスワードXD-SR3800には入っていません。図鑑が収録されているのもブレーンPW-AJ1のみです。
電子辞書の使用頻度が最も高いのは、国語機能と英語機能です。そのほかの教科に関しては、電子辞書の役割は相対的に低いでしょう。それでも、分からないことがあったとき、いつも手元にある電子辞書でさっと調べられると便利です。
ほかの教科の勉強の際に、電子辞書を「どれほど」「どのように」使いたいかを考え、電子辞書選びの参考としましょう。

エクスワードXD-SR3800 ブレーンPW-AJ1
理科 事典3冊、用語集1冊、参考書1冊 事典3冊
社会 用語集1冊、参考書1冊 事典2冊、日本国憲法
数学 事典1冊、参考書1冊 数学公式集
その他 百科事典2セット 百科事典2セット、図鑑2冊

受験対策・検定対策

受験対策に関しては、参考書が各教科入っている点でエクスワードXD-SR3800の方が充実しています。ドリルについては、両社とも大差はありません。
英検対策については、ブレーンPW-AJ1の過去問は5級からありますが、エクスワードXD-SR3800は4級からしかありません。なお、単語集は、エクスワードXD-SR3800も5級からあります。
漢検対策については、エクスワードXD-SR3800は4級からあるのに対し、ブレーンPW-AJ1は3級からしかありません。

エクスワードXD-SR3800 ブレーンPW-AJ1
国語 参考書1冊、ドリル1冊 受験語彙集1冊 全教科対応ドリル
4冊
英語 参考書3冊、ドリル2冊、受験単語・熟語集2冊 受験単語・熟語集2冊
理科 参考書1冊、ドリル2冊 ドリル1冊
社会 参考書1冊、ドリル2冊 ドリル1冊
数学 参考書1冊、ドリル1冊 なし
英検 対応級:5~2級
単語5冊、過去問4冊、ドリル4冊
対応級:5~2級
単語5冊、過去問5冊
漢検 対応級:4~2級
ドリル4冊
対応級:3~2級
ドリル3冊、アプリ1つ

※一部のコンテンツは、「国語機能」「英語機能」で記述したコンテンツと重複しています。