12歳の平均身長・体重は?身長を伸ばすために親ができるサポート

12歳という年齢は、小学校の卒業式を終えて、中学校に入学する環境変化が大きな時期です。環境の変化のみならず、体の変化が著しいのもこの時期の特徴です。肉体的にも精神的にも不安定な時期に、周りよりも身長が低いと不安を感じるのも当然です。今回の記事では、12歳の平均身長、平均体重を確かめつつ、身長を伸ばすために親がサポートできることをご紹介します。子供の悩みを軽減する参考にしてください。

成長期に大切な栄養素を摂取するなら? 公式
カルシウムグミ
・短期間で伸ばすならこれ!
・成長を促進するWカルシウム配合!
・子供の可能性を伸ばそう!
キッズセノビル
・TVで紹介、モンドセレクション受賞!
・月額制だから安心!
のむのむスムージー
・初回購入に限り80%割引!
・予想以上の伸び率を!

12歳の平均身長

11歳までの平均身長は、男の子よりも女の子のほうが高いものの、12歳になるとその差は逆転してきます。これは、男の子の成長がピークに差しかかるためです。

身長の標準範囲は、SDスコアで測定するのが一般的です。計算方法は

(身長の実測値-標準身長)÷標準偏差

以上の式で示されます。

標準偏差は、国立健康・栄養研究所から公開されています。なお、+2SD~-2SD(SDはStandard Deviationの略で、標準偏差の意味)の間に約95.45%の子供が入っており、それよりも高い身長を高身長、低い身長を低身長と表現します。

 なお、2014年の国民健康・栄養調査の報告によると、12歳の男の子の標準偏差は7.2で、女の子の標準偏差は6.1です。

参考

身体状況調査|国立健康・栄養研究所

男の子

文部科学省が発表している学校保健統計によると、2017年度の12歳の平均身長は152.8cmです。11歳のときより約8cm伸びており、13歳までに約7cm伸びます。男の子は、13歳ごろが身長が伸びるピークとされており、12、13歳で平均身長が女の子よりも高くなります。

年齢 2017年度 2016年度
11歳 145.0cm 145.2cm
12歳 152.8cm 152.7cm
13歳 160.0cm 159.9cm

参考

学校保健統計調査報告書|文部科学省

 また、総務省統計局の資料によると、12歳の男の子の身長は1900年から2004年の間に18.7cm伸びています。ちなみに、1900年の12歳の平均身長は133.9cm。昭和元年に当たる1926年は136.4cm、平成元年に当たる1989年は151.3cmです。

参考

特定年齢,男女別身長|総務省統計局

女の子

文部科学省が発表している学校保健統計によると、2017年度の12歳の平均身長は151.8cmです。11歳のときより約5cm伸びており、13歳までに約3cm伸びます。女の子は、男の子と対照的にこの年齢を境に初経が始まり、身長の成長は急激に鈍化します。

年齢 2017年度 2016年度
11歳 146.7cm 146.8cm
12歳 151.8cm 151.9cm
13歳 154.9cm 154.8cm 

参考

学校保健統計調査報告書|文部科学省

 また、総務省統計局の資料によると、12歳の女の子の身長は1900年から2004年の間に19.1cm伸びています。ちなみに、1900年の12歳の平均身長は、133.0cmで、昭和元年に当たる1926年は137.6cm、平成元年に当たる1989年は151.4cmです。 

参考

特定年齢,男女別身長|総務省統計局

12歳の平均体重

12歳の平均体重は、男の子の成長のピークに伴い、このころから男の子の体重が女の子の体重よりも重くなります。 

また、体重にも身長と同じように標準偏差があり、標準偏差よりも高い数値であれば肥満、低い数値であれば「やせ」とみなされます。SDの計算方法はう身長と同じです。なお、12歳の男の子の標準偏差は8.8で、女の子の標準偏差は8.4です。

 参考

身体状況調査|国立健康・栄養研究所

男の子

学校保健統計によると、2017年度の12歳の平均体重は44.0kgです。11歳のときと比べると約6kg増加しており、13歳までに約5kg増加します。男の子の体重は、身長の成長にともなって、小学校と中学校の9年間の中で一番大きく変化します。

年齢 2017年度 2016年度
11歳 38.2kg 38.4kg
12歳 44.0kg 44.0kg
13歳 49.0kg 48.8kg

 参考

学校保健統計調査報告書|文部科学省,P2

 また、総務省統計局の資料によると、12歳の男の子の身長は1900年から2004年の間に15.9kg増加しています。ちなみに、1900年の12歳の平均体重は、29.0kgで、昭和元年の1926年は31.7kg、平成元年に当たる1989年は43.4kgでした。 

参考

特定年齢,男女別体重|総務省統計局

女の子

学校保健統計によると、2017年度の12歳の平均体重は43.6kgです。11歳の時より約5kg増加しており、13歳までに約4kg増加します。女の子の体重増加は、10歳から11歳のころをピークにして落ち着き始め、中学校を卒業するころにはあまり変化がなくなります。

年齢 2017年度 2016年度
11歳 39.0kg 39.0kg
12歳 43.6kg 43.7kg
13歳 47.2kg 47.2kg

参考

学校保健統計調査報告書|文部科学省,P2

 また、総務省統計局の資料によると、12歳の女の子の平均体重は1900年から2004年の間に14.5kg増加しています。ちなみに、1900年の12歳の平均体重は、30.0kgで、昭和元年に当たる1926年は32.3kg、平成元年に当たる1989年は43.8kgでした。

 参考

特定年齢,男女別体重|総務省統計局

身長を伸ばすためにできる3つのこと

12歳 身長

12歳になると思春期が始まり、子供とのコミュニケーションの量が減ったり、反抗する態度を取るようになったりします。だからこそ、毎日の習慣となる部分でサポートをしてあげることが大切です。

生活習慣の確立

まずは、生活習慣を確立する環境を整えてあげましょう。具体的には、朝起きる時間と夜寝る時間を規則正しくしていくべきです。

寝ている間に成長ホルモンが多く分泌されるので、睡眠時間をきちんと確保することは大切なこと。中学校に進学して、部活動の朝練習が始まったり、放課後の時間の使い方が変わったりします。それによって睡眠時間を削ってしまうことがないように、寝る時間と起きる時間を決めて守るようにしましょう。

決まった時間に寝るために、家族も夜は早く寝ることを心がけたり、夜遅くに食事を取らないようにしたり、スマートフォンやテレビを見る時間を決めるなど家庭内で共通のルールを設けることをおすすめします。

バランスの良い栄養摂取

成長期の体は、五大栄養素を中心に、バランスの良い食事を求めているものです。子供に好き嫌いがあるようなら、調理方法を工夫するなどしてバランス良く食事ができるように心がけてあげましょう。

適度な運動

中学生になると、男の子は体ががっしりしてきますし、女の子も丸みを帯びた体つきになってきます。この時期は、筋肉だけでなく内臓器官も発達します。適度に運動することで、強い体を作ることができます。

また、体を動かすことで、精神的にリフレッシュすることもできるので、環境の変化や体の変化で感じているストレスを発散する効果も期待できるでしょう。

まとめ

中学生になる12歳は、心身ともに大きく変化する時期です。体は大きく成長し、思春期に入るので精神的にも落ち着きません。そんな時期だからこそ、親のサポートが必要です。基本的な生活習慣を子供と一緒に作り、家族みんなでリズムの良い健康的な日常を送ってみてはいかがでしょうか。

 参考

学校保健統計調査報告書|文部科学省,P2
特定年齢,男女別体重|総務省統計局
睡眠と成長|子どもの低身長と成長障害について考える成長相談室
日本人の身長 伸び止まったって本当? | 子ども・子育て | NHK生活情報
発育・成長について|国立スポーツ科学センター
12歳の子の平均身長・体重は?発達・成長・発育など特徴まとめ|たまGoo!
小学生・中学生の平均身長と平均体重2019|わが子の成長ピーク期を知る方法|小学生のための英語学習必勝法!

成長期に大切な栄養素を摂取するなら? 公式
カルシウムグミ
・短期間で伸ばすならこれ!
・成長を促進するWカルシウム配合!
・子供の可能性を伸ばそう!
キッズセノビル
・TVで紹介、モンドセレクション受賞!
・月額制だから安心!
のむのむスムージー
・初回購入に限り80%割引!
・予想以上の伸び率を!

この記事をかいた人

katsu

オランダの小学校で教員になるために、オランダに移住した元小学校教員。「ひとりひとり違った形や色があって、それがいい」と考え、イエナプランを取り入れた学級づくりや授業づくりに取り組む。ファーストキャリアは旅行会社!「教育」と「旅」をライフワークに、フリーライターとして活動中。Twitterで毎日オランダの教育ニュースを発信中!
Twitterアカウントはこちら