10歳の平均身長・体重は?身長を伸ばすためにすべき5つのこと

小学四年生から五年生にかけての10歳の時期。子供の身長がとても伸びる時期ですが、10歳の平均身長は一体どのくらいなのでしょうか。また他人との違いを気にする時期出あるこの時期は特に男の子の場合身長が伸びないと悩むこともあるでしょう。今回は10歳の平均身長と、身長を伸ばすためにできることをご紹介します。

成長期に大切な栄養素を摂取するなら? 公式
カルシウムグミ
・短期間で伸ばすならこれ!
・成長を促進するWカルシウム配合!
・子供の可能性を伸ばそう!
キッズセノビル
・TVで紹介、モンドセレクション受賞!
・月額制だから安心!
のむのむスムージー
・初回購入に限り80%割引!
・予想以上の伸び率を!

10歳の平均身長

10歳の平均身長は、女の子の方が男の子よりも約1cm高くなります。小学校では高学年に差しかかる年齢で、学校では委員会活動が始まり、1、2年生の世話をしたりするようになります。また、体つきも男の子はだんだんがっしりしてきますし、女の子は丸みを帯びるようになります。

10歳男子の平均身長

文部科学省の学校保健統計によると、2017(平成29)年度の10歳の平均身長は139.0cmです。9歳のときと比べれば約7cm伸びており、11歳までに約6cm伸びます。男の子は、小学校に入学する6歳の年齢から6年生になる11歳まで、平均すると毎年6cmずつ伸びることになります。

年齢 2017年度 2016年度
9歳 133.5cm 133.6cm
10歳 139.0cm 138.8cm
11歳 145.0cm 145.2cm

参考
学校保健統計調査報告書|文部科学省,P2

また、総務省統計局の資料によると、1900年から2004年の間に10歳の男の子の身長は15cm伸びています。ちなみに、1900年の10歳の平均身長は123.9cmで、昭和元年に当たる1926年は126.1cm、平成元年に当たる1989年は138.3cmでした。

参考
特定年齢,男女別身長|総務省統計局

10歳女子の平均身長

学校保健統計によると、2017年度の10歳の平均身長は140.1cmでした。9歳の時より約7cm伸びており、11歳までに約6cm伸びます。女の子も、小学校に入学する6歳の年齢から6年生になる11歳まで、平均すると毎年6cmずつ伸びていきます。

年齢 2017年度 2016年度
9歳 133.4cm 133.4cm
10歳 140.1cm 140.2cm
11歳 146.7cm 146.8cm

参考
学校保健統計調査報告書|文部科学省

また、総務省統計局の資料によると、1900年から2004年の間に16.3cm伸びています。ちなみに、1900年の10歳の平均身長は、123.9cmで、昭和元年の1926年は125.2cm、平成元年に当たる1989年は139.5cmでした。

参考
特定年齢,男女別身長|総務省統計局

10歳の平均体重

10歳 身長
10歳の平均体重は男女ともに約34kgです。身長の伸びに比例して小学生の体重も増えるもので、毎年3~4kgほど増加していきます。

10歳男子の平均体重

学校保健統計によると、2017年度の10歳の平均体重は34.2kgで、9歳のときより約4kg増加しており、11歳までに約4kg増加していきます。男の子は、小学校に入学する6歳の年齢から4年生の誕生日を迎える前の9歳までは、平均3kgずつ増加し、9歳から11歳になるまでは平均4kgずつ増加していきます。

年齢 2017年度 2016年度
9歳 30.5kg 30.6kg
10歳 34.2kg 34.0kg
11歳 38.2kg 38.4kg

参考
学校保健統計調査報告書|文部科学省,P2

また、総務省統計局の資料によると、1900年から2004年の間に9.7kg増加しています。ちなみに、1900年の10歳の平均体重は、25.0kgで、昭和元年の1926年は25.7kg、平成元年の1989年は33.7kgでした。

参考
特定年齢,男女別体重|総務省統計局

10歳女子の平均体重

2017年度の10歳女児の平均体重は34.0kgです。9歳のときより約4kg増加しており、11歳までに約5kg増加します。女の子は、小学校に入学する6歳の年齢から4年生の誕生日を迎える前の9歳までは、平均3kgずつ増加し、9歳から10歳になるまでは4kg、10歳から11歳になるまでは5kgずつ増加していきます。

年齢 2017年度 2016年度
9歳 29.9kg 29.8kg
10歳 34.0kg 34.0kg
11歳 39.0kg 39.0kg

参考学校保健統計調査報告書|文部科学省,P2

また、総務省統計局の資料によると、1900年から2004年の間に9.5kg増加しています。ちなみに、1900年の10歳の平均体重は、25.0kgで、昭和元年の1926年は25.0kg、平成元年の1989年は33.9kgでした。

参考
特定年齢,男女別体重|総務省統計局

低身長の時に親がサポートできること

子供の身長が平均的な身長よりも低いと悩んでいるときに、親ができるサポートを5つご紹介します。本人がどのくらい悩んでいるかにもよって、できるサポートは変わってきます。ぜひ参考にしてください。

専門医に相談する

体の発達には個人差があります。ただ単に発達がゆっくりなだけの可能性もありますし、何かしら医療的な判断が必要な場合もあるでしょう。

子供の身長が伸び悩んでおり、心配が絶えないようであれば、専門医に相談するのが一番でしょう。インターネット上にある情報や書籍で知識を得ることもできますが、個人差があります。迷ったら近くのクリニックなどに相談しましょう。

成長曲線を作成して見守る

成長曲線とは、身長や体重を定期的に測定してグラフにしたもので、身長は右肩上がりのグラフになります。毎年大きくなる幅はあまり変わりがありませんので、生まれたときに身長が低かったら、小学生になってから順調に成長していても周りに比べて身長が低い場合があります。

成長曲線を作成すると、子供の日々の成長を可視化することできます。専門医に相談するときも、成長曲線を作成していると伝達がスムーズになるでしょう。

適切な睡眠

「寝る子は育つ」ということわざがありますが、科学的にも睡眠が成長に関係していることが分かっています。睡眠に関係するホルモンの1つが成長ホルモン。大人の場合、成長ホルモンは体のだるさや疲れを取るために使われますが、子供の場合、ホルモンは、発育に関係するものです。

睡眠時間が少ないと、純粋に成長ホルモンの分泌が限られてしまい、発育が妨げられてしまいます。また、睡眠を適切に取ることで、免疫力も高まります。

バランスの良い食事

10歳の子供は成長期に当たります。体が作られる時期なので、バランスの良い食事が必要です。炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維の六大栄養素を取るように心がけましょう。

また、朝食を摂取することも、成長期の子供には大切です。朝食を取ることで、これから使うエネルギーを補充することができます。

適度な運動

適度な運動は、心肺機能や筋力を高めるために大切です。子供の体が成長するということは、内臓器官も含めて成長していることになります。適度な運動で、内臓器官が刺激を受けて強くなっていきます。

また、運動をすることで体のエネルギーを使いますから食欲もわきますし、運動による疲労感が睡眠を促進させてくれるでしょう。

まとめ

10歳の時期は、大人の体になる入り口の時期です。だんだんと体つきが変わってきますし、それにともなって気になることも増えます。そんな不安定な時期だからこそ、食事や睡眠、運動に気を配りましょう。また、不安や悩みがある場合は、専門医に相談することをおすすめします。

参考

極端な低身長 10歳ごろまでに把握しホルモン治療を |日経電子版
成長曲線とは?|子どもの低身長と成長障害について考える成長相談室
学校保健統計調査報告書|文部科学省
特定年齢,男女別体重|総務省統計局
【小学校中学年】3・4年生(9~10歳)の男女別平均身長と体重を解説!|身体サプリのおきて
子供の平均身長 平均体重2019【男女 年齢別 幼稚園 小学生 中学生 高校生】|Smart Life Net
子供たちの平均身長推移|カルシウムグミ
子供の平均身長データ(男子)|カルシウムグミ

成長期に大切な栄養素を摂取するなら? 公式
カルシウムグミ
・短期間で伸ばすならこれ!
・成長を促進するWカルシウム配合!
・子供の可能性を伸ばそう!
キッズセノビル
・TVで紹介、モンドセレクション受賞!
・月額制だから安心!
のむのむスムージー
・初回購入に限り80%割引!
・予想以上の伸び率を!

この記事をかいた人

katsu

オランダの小学校で教員になるために、オランダに移住した元小学校教員。「ひとりひとり違った形や色があって、それがいい」と考え、イエナプランを取り入れた学級づくりや授業づくりに取り組む。ファーストキャリアは旅行会社!「教育」と「旅」をライフワークに、フリーライターとして活動中。Twitterで毎日オランダの教育ニュースを発信中!
Twitterアカウントはこちら