7歳の子供の平均身長・体重をご紹介!身長を伸ばす方法も!

7歳の子供は、日々刻々と成長を遂げていきます。発育には個人差が大きく影響するため、周りと比べて高身長、低身長になる子供もいます。自分の子供が平均値と異なると心配するかもしれませんが、どういった判断や対応がいいのでしょうか。今回は、7歳の子供の身長や男女別の発育、身長を伸ばす方法について解説します。

成長期に大切な栄養素を摂取するなら? 公式
カルシウムグミ
・短期間で伸ばすならこれ!
・成長を促進するWカルシウム配合!
・子供の可能性を伸ばそう!
キッズセノビル
・TVで紹介、モンドセレクション受賞!
・月額制だから安心!
のむのむスムージー
・初回購入に限り80%割引!
・予想以上の伸び率を!

7歳の子供の平均身長・体重

生涯学習政策局政策課調査統計企画室の2018年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)によれば、7歳(小学2年生)の平均身長は男子で122.5cm、女子で121.5cmになっています。ちなみに、8歳(小学3年生)では男子が128.1cm、女子が127.3cm。年間で約6cm、背が伸びています。ただ、これらの身長は目安。子供の身長がどんどん伸びる時期には、個人差が大きいです。平均身長との差があったからといって、すぐに病気や異常などと結びつけず、長い目で見て判断しましょう。

7歳の子供の平均身長

身長(平均値)

年齢 男子 女子
7歳(小学校2年生) 122.5cm 121.5cm
8歳(小学校3年生) 128.1cm 127.3cm

参考

平成30 年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)の公表について|生涯学習政策局政策課調査統計企画室

7歳の子供の平均体重

続いては、7歳の子供の平均体重についてご紹介します。

年齢 男子 女子
7歳(小学校2年生) 24.1kg 23.5kg
8歳(小学校3年生) 27.2kg 26.4kg

参考
平成29 年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)の公表について|生涯学習政策局政策課調査統計企画室

また、小学生の場合は、ローレル指数を用いて、肥満や痩せを判断することができます。
ローレル指数は以下のように計算します、

ローレル指数=体重g÷(身長cm×身長cm×身長cm)×10000

判定 ローレル指数
やせ過ぎ 100未満
やせ気味 100以上~115未満
標準 115以上~145未満
太り気味 145以上~160未満
太り過ぎ 160以上

男の子の身長について

男の子が身長を伸ばすためには、食事や運動、睡眠などの生活習慣がポイントになってきます。

たんぱく質やクエン酸の摂れる食事

身長を伸ばすために、カルシウムだけを摂取すればいいわけではありません。カルシウムは、体の吸収が悪く、意識的に食べなければ不足しがちになってしまいます。一方で、カルシウムの吸収を助ける栄養素は、「クエン酸」です。酢の物や果物などの食品に多く含まれています。

酢の物が苦手なら、果物を積極的に食べるといいでしょう。果物が苦手であればヨーグルトや牛乳と組み合わせると食べやすいです。また、たんぱく質も重要な栄養素。肉や魚、卵、大豆などを食べてたんぱく質を吸収していきましょう。

十分な運動

適度な運動は、伸長を促してくれます。ただし、過度な運動は、かえって伸長を妨げてしまいます。これは、筋トレなどを続けると硬い筋肉がつき、筋肉が骨の成長を邪魔してしまうからです。そのため、なるべく全身を使ったほどよい運動を心がけましょう。

身長を伸ばすのに効果的な運動は、縦方向に骨を刺激するジャンプの多いスポーツと言われています。例えば、バスケットボールやバレーボール、縄跳びなどです。骨が伸びる際には、骨端線(成長線)という軟骨が刺激され、骨が伸びるからです。ただ、そのためだけに子供にスポーツを選ばせることは避けましょう。

質の良い睡眠を

質の良い睡眠は、子供の発育を促します。日常生活から早寝早起きの睡眠リズムを築いておくと効果的です。発育を促す成長ホルモンは、22時ころから分泌し始め、深夜0時~午前2時にピークを迎えます。この時間帯に深い睡眠状態のノンレム睡眠を維持することで、成長ホルモンを多く分泌できます。ノンレム睡眠に入るまでには、2時間ほどかかるため、夜更かしせずに21時ころから早めに睡眠を取るといいでしょう。就寝直前まで頭を働かせていると寝つきが悪くなるため、20時ころからリラックスして過ごしておくことが大切です。また、カフェインは、就寝4時間前からは摂取を避けましょう。

女の子の身長について

7歳 身長

女の子が陥りやすい成長障害

同じ年齢の子供に比べ、平均身長に差が生まれると「成長障害」だと疑われるかもしれません。成長障害とは、何らかの原因により身長などの発育に関して、異常が生じている状態です。成長障害は、ホルモンや骨・軟骨、主要臓器の異常などをもたらす可能性があります。

成長障害は、成長曲線の身長を基に判断します。成長曲線は、平均身長や体重の年齢ごとの変化を曲線グラフで示したもの。ただ、成長曲線から外れていても、成長障害とは判断できません。必要に応じて医療機関などに相談してみましょう。

成長障害への対応

成長障害による低身長の場合には、原因の病気や環境異常に対する治療を行います。具体的には、成長ホルモンや甲状腺ホルモンなどの治療、軟骨無形成症などに対する脚延長術などです。早期発見、早期治療をしておくと、高い治療効果を得られると考えられています。

成長ホルモン療法では、身体に注射して投与します。自宅でも毎日注射することが現在では可能になっています。毎晩寝る前に注射して、成長ホルモンが睡眠中に増えるようにします。治療前に年間の身長の伸びが3~4cmだった子供が、8cmほどの伸びになるようです。時間はかかりますが、根気良く続けることで正常の範囲に近づいていけます。

一方で成長ホルモン療法は、頭痛やけいれんなどの副作用がともなうこともあります。糖尿病や悪性腫瘍、腎臓や心臓の病気、脊椎側わん症などを抱えている場合には、治療を中止する、もしくは慎重にしなければなりません。

伸ばすには生活習慣を整える

食事

女の子の食事は、少食になることも多いでしょう。栄養バランスを取るために、女の子が食卓を楽しめるよう工夫してみてはいかがでしょうか。重要な栄養素は、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、ビタミンD、たんぱく質など。カルシウムの吸収を促すために、大豆やナッツなどに含まれているマグネシウムを一緒に摂取するといいでしょう。

運動

運動では、幼児から小学生までの間に筋肉や骨などに軽く負荷をかけたり、縄跳びやジョギングを行ったりするのがおすすめです。屋外で積極的に遊び、日光を浴びる時間を取ると成長にも効果的です。また、普段の姿勢も重要で猫背になっていると、その分身長は1~3cmほど実際より低く見えてしまいます。

さらに、体が硬い、つまり筋肉が硬いと骨と骨の間に余裕が生まれず、骨が伸びません。全身をストレッチで柔らかくすると、骨も伸びやすくなります。仰向けに寝て、両腕を頭上に伸ばし、左右の指を絡めて手のひらが空を向くように伸ばします。足はつま先立ちで伸ばして、手が見えるよう首を後ろに倒して伸ばします。最後に力を抜いて手を緩めます。こういった一連の流れを5回繰り返しましょう。

睡眠

睡眠は、なるべく21~22時ごろから寝始めるといいでしょう。前述の通り、深夜に成長ホルモンの分泌が促されるためです。就寝前には、スマートフォンやテレビなどで脳に刺激を与えると寝つきが悪くなります。読書習慣をつけておくと、勉強にもつながります。就寝時には部屋を暗くして、起床時には日光をたっぷり浴びると睡眠にリズムが生まれてきます。

終わりに

子供の身長には個人差があるため低身長や高身長からすぐに病気や異常を疑うのは避けましょう。平均身長との差や、同じ年齢の子供の「伸長率」などを考慮して、必要に応じて医療機関に相談してみてはいかがでしょうか。万が一、成長障害だった場合には、症状に応じて医師と相談の上、治療していきましょう。

普段からの食事や運動、睡眠といった生活習慣を整え、発育を促すよう取り組んでみてはいかがでしょうか。朝、食事抜きで子供が学校に行くこともあるかもしれませんが、しっかりとした成長のために栄養の良い食事を食べさせてあげましょう。

参考

平成29 年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)の公表について|生涯学習政策局政策課調査統計企画室
低身長|一般社団法人 日本小児科内分泌学会
子どもの「背が伸びない」悩みを食事で解決!! 身長をグングン伸ばす5つのポイントとは?|ジュニアサッカーを応援しよう
TOP|成長相談室
身長を伸ばす生活習慣-食事・睡眠・運動・ストレッチ-|子供の身長お助けナビ

成長期に大切な栄養素を摂取するなら? 公式
カルシウムグミ
・短期間で伸ばすならこれ!
・成長を促進するWカルシウム配合!
・子供の可能性を伸ばそう!
キッズセノビル
・TVで紹介、モンドセレクション受賞!
・月額制だから安心!
のむのむスムージー
・初回購入に限り80%割引!
・予想以上の伸び率を!

この記事をかいた人

okamoto

okamoto