ブリティッシュ・スクール・イン・東京の概要と入学情報!

ブリティッシュ・スクール・イン・東京は、日本で唯一のイギリス式学校として1989年、東京の渋谷に開校されました。ブリティッシュ・イングリッシュで学べる点や、イギリスを中心に一流大学への道を用意しているところが特徴です。本記事では当学校の概要や特徴の他に、入学までの流れ、学費などをご紹介します。

ブリティッシュ・スクール・イン・東京とは?

早速ですが、ブリティッシュ・スクール・イン・東京の概要と歴史、特徴を確認していきましょう。

学校概要

ブリティッシュ・スクール・イン・東京は、幼稚園から高校まで、すべてのグレードがある一貫校です。キャンパスは、渋谷(3~8歳対象)と世田谷(8~18歳対象)の2つがあります。

イギリス本国と同じカリキュラムが提供されており、共学でインタナショナルスクールとしては珍しく、スクールユニフォームが存在するのも特徴です。

これまでの歩み

1989年に開校したブリティッシュ・スクール・イン・東京は、日本に住むイギリスの家族が、イギリス本国と同じ教育を受けたいという願いをかなえる形で設立されました。開校当初は、5~10歳までの子供が大多数を占めており、児童数は63人でした。

その後、着実に需要が高まっていき、1993年には、児童数が200人を突破しました。1998年には渋谷に新校舎を設け、児童数も300人にまで増えています。

2006年には、昭和女子大学内にもキャンパス持つことになります。2010年には、16歳までの生徒を受け入れるようになりました。2012年には最初の高校卒業生を出し、世界中の大学へと進学していきました。2019年現在では、3歳から18歳まで約1,000人の子供が在籍しています。

3つの特徴

ブリティッシュ・スクール・イン・東京は、日本とは全く異なったイギリス式の教育が行われています。課外活動やスポーツクラブなど、多くの特徴を持っていますが、ここでは特に「多様性」「教職員」「学力結果」の3つにフォーカスしてご紹介します。

豊かな多様性

生徒数が1,000人を超えるブリティッシュ・スクール・イン・東京には、65以上の異なった国籍を持っている子供たちが一堂に会し、学んでいます。

イギリス国籍が半数以上を占めていますが、オーストラリアやカナダ、ニュージーランドなど、イギリスと関係の深い国の子供たちも学んでいます。日本人が少ない分、日本にいながらにして多様性に富んだ環境に身を置くことができます。

優秀な教職員

教職員は、実際に授業をしている姿を見てから採用しているのが特徴。さらに、年間を通してプロフェッショナルとしての力を磨くための研修が用意されています。

そのため、すべての教職員は、教育に対する情熱にあふれており、楽しく記憶に残るような授業を展開しています。また、子供たちに学びの機会を与えるため、力を伸ばすために、クラスの枠を超えて協力し、常に学び続けるプロフェッショナルの集団でもあります。

高い学力結果

優秀な教職員による授業の結果として、近年の学力テストは非常に高い数値を残しています。イギリス本国と同じカリキュラムと評価がされる中で、A評価(best)を得ている生徒は約半数に達し、B評価(better)を得ている生徒を合わせると74%にも上ります。

イギリス本国で学ぶ同学年の子供たちよりも優秀な成績を収めている子供の割合は半分にも及んでいるのです。イギリス本国への大学進学者が多いですが、日本の慶應義塾大学やオーストラリア、カナダの大学への進学実績もあります。