お盆に行きたいイベントを紹介!【2019年】全国版

もともとお盆とは、「盂蘭盆(うらぼん)」と呼ばれ、先祖や亡くなった方の霊を祀る行事を指していました。学校が夏休みということもあり、家族で実家に帰省することも多く、夏にちなんだイベントや行事が日本各地で行われています。

この記事では2019年のお盆に行われる各地のイベントについてご紹介します。行きたいイベントがあれば、帰省や旅行を利用してぜひ参加してみてください。きっと夏の良い思い出になるでしょう。

お盆の期間は?

かつてのお盆は7/15を中心にした、旧暦の7/13~7/16の4日間で行われていました。現在では一部の地域を除き、8/13~8/16の4日間で行われる場合がほとんどとなっています。多くの企業はお盆休みを導入し、年末年始、ゴールデンウィークに続く大型連休となる人も多くいます。

この期間は「旧の盆」「月遅れのお盆」とも呼ばれています。旧の盆が旧暦から約1ヶ月遅れで行われるのは、新暦の7/15前後は農作業の繁忙期であるためだといわれています。このため、旧暦の7/15前後にあたる新暦の8/13~8/16にかけて、お盆が行われるようになりました。

お盆のイベントや祭りをご紹介

日本各地ではお盆の時期に合わせて数々のイベントや行事が行われています。2019年のお盆にぜひ行ってみたいイベントを地方ごとにご紹介します。

北海道・東北地方

北海道・東北地方のお盆には全国的にも有名なお祭りが開催されます。ここでは超有名なお祭りを4つピックアップします。

さっぽろ夏まつり(北海道)

北海道の短い夏を思い切り楽しむイベントとして人気のあるさっぽろ夏まつり。2019年は7/19(金)~8/16(金)まで開催されます。

  • 福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン:2019/7/19(金)~8/14(水)
  • 北海盆踊り:2019/8/10(土)~8/16(金)

イベントの詳細に関しては公式ホームページで確認の上、お出かけください。

第66回 2019さっぽろ夏祭り|さっぽろ夏まつり 公式ホームページ

青森ねぶた祭(青森県)

非常に人気のある青森ねぶた祭。お祭りの期日は毎年同じで、曜日に関係なく8/2~8/7となっています。

  • 8/2・8/3:子どもねぶた・大型ねぶたの運行
  • 8/4~8/6:大型ねぶたの運行
  • 8/7:大型ねぶたの運行・青森花火大会・ねぶた海上運行

個人観覧席の購入は6月下旬から行うことができます。詳しい内容については公式ホームページをご覧ください。

青森ねぶた祭り|青森ねぶた祭 オフィシャルサイト

仙台七夕まつり(宮城県)

宮城県では仙台市内の商店街を中心に、元来旧暦の伝統行事であった七夕まつりを毎年8/6~8/8の3日間開催しています。七夕まつり開催期間中は、花火祭やコンサートなどさまざまなイベントが企画され、毎年大勢の観光客が訪れています。

詳細に関しては公式ホームページでご確認ください。

伊達政宗公の時代より続く、日本一の七夕。|仙台七夕祭り

秋田竿燈まつり(秋田県)

秋田県は大曲の花火大会も有名ですが、やはり全国規模で有名なのは竿燈まつりです。その壮大な光景は一度見たら一生忘れられない思い出となるでしょう。2019年は8/3(土)~8/6(火)に行われます。観覧席の申し込みは公式ホームページから行うことができます。

旅行の計画、竿燈まつり観覧席の申し込みはこちら。

秋田竿燈まつり-Akita Kanto Festival- 国重要無形民俗文化財|秋田市竿燈まつり実行委員会公式WEBサイト

1 2 3