保育園・幼稚園の子供向け!手作りおもちゃの作り方12選

子供は好奇心旺盛で、次々と新しいおもちゃに興味を持ちます。そこで、手作りでおもちゃを作ってみませんか? 当記事では、保育園・幼稚園に通う子供向けのおもちゃの作り方を紹介します。身近にある材料で、簡単に作れるものばかりなので、ぜひ参考にしてください。

牛乳パックの手作りおもちゃ

牛乳パックは、扱いやすく、重ねると強度も出るので、手作りおもちゃの材料にぴったりです。

いないいないばあ

対象年齢:0〜2歳

作り方:牛乳パックの空き箱を2つ並べ、背面をガムテープなどで接着し、観音開きに開くようにします。閉じた状態の時に「いないいない」の状態のイラスト、開いた状態の時に「ばあ」の状態のイラストが見えるように、イラストを牛乳パックに貼ります。

手遊びや絵本で知られている「いないいないばあ」のおもちゃです。0歳の赤ちゃんでも楽しく遊べます。「いないいない、ばあ!」のかけ声とともに開いたり閉じたりすると、子供が大喜びするでしょう。

参考

いないいないばあ|ももいくナビ

積み木

対象年齢:0〜2歳

作り方:牛乳パックを切って立方体や四角柱の形にして、側面にフェルトや画用紙を貼ります。

子供は、1歳半くらいになると積み木を積み重ねて遊ぶようになります。木の積み木は小さくて滑りやすく、幼い子供には扱いにくいものです。しかし、牛乳パックで作った積み木であれば、初めての積み木遊びでも簡単に遊ぶことができます。

参考

手作りおもちゃ|やまぼうし保育園

サークル

対象年齢:0〜2歳

作り方:牛乳パックで四方を囲い、子供が入れるくらいの大きさにします。

子供は狭い場所が好きなので、サークルの中におもちゃを持ち込んだりして「秘密基地」の感覚で遊びます。ハイハイをする赤ちゃんも、サークルを出たり入ったりすることで、四肢(しし)が鍛えられます。

参考

手作りおもちゃ|やまぼうし保育園

ボタンの手作りおもちゃ

子供はボタンをさわるのが大好きです。ボタンを使ったおもちゃで遊べば、ボタンの練習にもなります。

おにぎりスナップボタン

対象年齢:2〜5歳

作り方:フェルトを正方形に切り、対角線上にスナップボタンを付けます。三角形のおにぎりの形にして、外側には黒のフェルトでのりを、内側には梅干しや鮭などの具を飾り付けます。

スナップボタンの開閉の練習にもなるおもちゃです。中の具を変えて作ってみたり、おにぎりをサンドイッチに変更にするなど、応用することも可能。おままごとのアイテムとしても使えます。

参考

おにぎりスナップボタン|ももいくナビ

ボタンかけ練習

対象年齢:2〜3歳

作り方:

ボタンの大きさに合わせて、紙で魚の形の型紙をつくる。

フェルトに型紙をのせ、えんぴつなどで魚の形をなぞって切る。

魚の形に切ったフェルトにボタンをつけ、尻尾の部分をボタンがとおる大きさに切る。

できればボタンホールが目立つように糸 などで縫っておくと、小さな子でも穴を見つけやすいです。

(引用元:2歳3歳の幼児むけ簡単なボタン練習おもちゃの作り方|こども工作レシピ

2歳後半になると、自分で着替えができるようになります。ボタンのある洋服は着脱が難しいですが、遊びの中で練習をすると、いつの間にかできるようになるものです。魚をつなげて遊んだり、洋服のボタンに魚をつけてみたりと、さまざまな遊び方ができます。

参考

2歳3歳の幼児むけ簡単なボタン練習おもちゃの作り方|こども工作レシピ