新生活を彩るランドセル!男の子や女の子に人気の色とは

2018年の文部科学省の発表によれば、小学校の在学者数は約642万8千人。多くの子供たちが毎日ランドセルを背負って登校しています。最近では多彩なランドセルの色が登場しています。

色は私たちの心理に働きかける効果を持っていると言われています。色を見て抱く感情を「色彩感情」、何かを連想することを「色彩象徴」と言います。無意識のうちに目に入る色から心理面に影響を受けているのです。男の子や女の子に人気のランドセルカラー、その色が周囲に与える印象などについてご紹介します。

参考
平成30年度学校基本調査(確定値)の公表について|文部科学省

女の子に人気なランドセルカラー

株式会社クロス・マーケティングが実施した「ランドセル購入に関する調査」で、2018年4月に小学校に進学する子供のいる20歳~69歳の男女にランドセルの新規購入についてアンケートを実施した結果、女の子に人気の色は以下のとおりと分かりました。

ピンク/ローズ(桃)

「王道と言えば、ピンク」と言えるほど、人気のランドセルカラーです。ピンクは「幸せ・優しさ・若さ・愛らしさ・愛情・安らぎ・緩和」といったイメージを持たせ、「少女・子供・リボン・ロゼワイン」などを連想させます。ピンクは、柔らかさや優しさを持つ女性的な色で、心を満たしてくれます。マイナス効果のない一方、プラス効果が目立ちすぎてうっとうしさを感じるかもしれません。

レッド(赤)

女の子が好きな暖色系と言えばレッドでしょう。赤色は「生命・活動的・情熱的・衝動的・破壊・暴力」というイメージを持たせ、「太陽・火・女性・りんご」といったものを連想させます。赤は、生きる力を表して意欲を出させる色です。元気を出す効果のある一方で、闘争心を引き出します。見るだけで暖かさや情熱を連想させる色です。

スミレ/ラベンダー(紫/薄紫)

落ち着きのあるお姫様カラーの「紫」。紫は「非現実的・霊的・神秘・高貴・優雅・魅力的」といったイメージを持たせ、「なす・ぶどう・スミレ・あやめ」といったものを連想させます。紫は見る人の創造力を引き出し、感受性を高めます。芸術性や神秘性を持つ、やや抽象度の高い色です。

ダークブラウン(こげ茶)

女の子に意外と人気なのがダークブラウンです。ダークブラウンは「安定・緩和・信頼・堅実・地味・退屈」といったイメージを持たせ、「チョコレート・栗・木・家具・馬・田舎・紅葉」などを連想させます。ダークブラウンは、自然にもつながる色で居心地の良さやぬくもり、安心感を与えます。一方で好き嫌いの分かれやすい色で、地味さや渋さを感じさせてしまいます。

スカイブルー(水色)

水色は「安息・夏・知性・清潔・知性・悲しみ・憂鬱」といったイメージを持たせ、「ジーンズ・プール・空・魚」などを連想させます。水色は、生命力や自然を感じさせ、好感度の高い色です。好む人も多いですが、一方で悲しさや寂しさ、冷たさといったマイナスのイメージを抱かせてしまいます。