【周りと差が付く!】ランドセルカバーの作り方とおすすめ生地3選!

市販のランドセルカバーは種類が豊富で、探しても探しても、なかなか良いデザインが見つからないことがありませんか? 一方、手作りのランドセルカバーは子供の大好きなデザインを作ることができ、保護者の間で密かな人気を呼んでいます。

この記事では

・ランドセルカバーの作り方
・男女別!ランドセルカバーのおすすめの生地3選

を解説します。子供が喜んでくれるランドセルカバーを作って、毎日楽しく登下校してもらえるように工夫してみましょう。

ランドセルカバーの作り方2選

ここでは、ミシンを使ったランドセルカバーの作り方と、針を使わずにランドセルカバーを作る方法をご紹介します。どちらも比較的簡単に作ることがができるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。生地をほつれにくくするよう、「ふち」の部分を内側に折ることがポイントです。

布生地やビニール生地を使ってランドセルカバーを作る方法

準備するもの

・A:外側の布1枚(ランドセルのサイズ+2㎝大きめに切る)
・B:内側の布1枚(長さがAよりも1/4程度)
・ひも
・好きなデコレーション(ボタン等)
・ミシン
・防水スプレー
・反射テープ

布は好きなデザインのものを、自由に選んでおきましょう。また、布Aと布Bは違うデザインでもかまいません。

手順

1.布をカットする
お気に入りのデザインの布を選び、ランドセルのサイズと比べて2センチほど大きくなるように切りましょう。布Aと布Bはランドセルの下角の丸みに合わせて、カットしておきましょう。

2.2枚の布をミシンで縫う
AとBの4面を5ミリ程度内側に折り込み、ミシンで縫いましょう。このとき、布Aの上側中心部にひもを2本つけます。このひもは、ランドセルカバーを固定させるために使うので必ずつけてください。

ひもを両端結び、二つに折ります。折ったひもの真ん中を布Aの上部に置き、布を5ミリ程度内側に折り込みます。ミシンで縁を縫っていくときに、このひもも一緒に縫っていきます。

3.2枚の布を縫い合わせる
縁取りした布Aと布Bを中表にし、合わせ面の「ふち」をミシンで縫います。このとき、縦方向から縫うことがポイントです。縦方向から縫うことで、カーブの部分を縫う時にしわが入りにくくなります。

4.裏返して2辺を合わせながら縫っていく
ランドセルのふたをしめる金物が通るので、全部縫ってはいけません。通し口は余裕を持たせて空けておきましょう。ランドセルのふたをしめる金物のサイズを測っておくと、後になって間違えることもないでしょう。

5.ランドセルカバーにデコレーションする
ランドセルカバーは完成した後は、子供が気に入るようなデコレーションを施していきましょう。お好きなワッペンやフリルなどを縫ってもいいでしょう。また、安全のためにランドセルカバーの下の方に反射テープを縫うのもおすすめです。

6.防水スプレーを吹きかける
このままでは、雨に濡れたときにランドセルカバーの役目を果たしません。必ず防水スプレーを吹きかけましょう。防水スプレーの効果には限りがあります。取扱説明書を読み、定期的に防水スプレーを吹きかけることをおすすめします。

針不要!縫わずにランドセルカバーを作る方法

準備するもの

・布1枚でOK
・布用ボンド
・ゴムバンド
・アイロン
・防水スプレー

手順

1.布をカットする
ランドセルの寸法を測り、プラス5センチ程度になるように好きな布をカットします。余った布を3センチ×15センチ程度に切っておきます。

2.布の際を折り、ボンドを塗布する
先ほど切ったランドセルカバーの布を5センチ程度、内側に折ります。このとき、ボンドを塗りアイロンをかけるとしっかり折り目がつき、きれいに仕上がります。この時、余った生地で切ったひももボンドを塗り、アイロンで押さえつけましょう。

また、反射テープもランドセルカバーの下の方にボンドで貼っておきましょう。

3.布を裏返し、ゴムバンドを貼る
布を裏返しましょう。ランドセルカバーが3等分になるように、ゴムバンドをボンドでつけましょう。このゴムバンドはランドセルカバーが外れないようにするためです。

4.防水スプレーを吹きかける
完成したら防水スプレーを吹きかけましょう。