入学準備グッズを手作りする方法と作り方のポイントをご紹介!

子供の小学校入学前は親も大忙し。家事や仕事の合間に文具品などを購入したり、名前シールを貼り付けたりするなど、たくさんのものを準備します。その中でも手作りの必要があるグッズもいくつかあります。

当記事では、入学準備グッズを手作りする方法と知っておくと役に立つポイントについて紹介します。

手作り必須な入学グッズとは?

小学校の入学グッズは、幼稚園や保育園と同様、用意するものもかなり多いです。一般的にその中でも手作りが必要とされるグッズは、給食袋・体操袋・防災頭巾カバー・レッスンバッグなどが挙げられます。

入学グッズの基本の作り方3つ

手作りする入学グッズはいくつかありますが、主に巾着タイプとバッグタイプに分かれているのが特徴です。この章では、主な入学グッズ3つの作り方について紹介していきます。

給食袋

給食袋は市販の巾着でも代用できますが、生地などにこだわりたいなら手作りがおすすめです。サイズは違いがあるかもしれませんが、縫い方の基本を押さえておくと応用もできます。

【作り方】

  1. 布を縦30cm×横34cmに裁断
  2. 布を裏側にして、それぞれの端をロックミシンで処理
  3. 布を合わせて二つ折りにした後、上から8cmの位置をあき止まりとし、待ち針を付ける
  4. 布の端から1cmの位置(事前にマーキングすると良い)にミシンの針をとおし、あき止まりまで縫い付ける
  5. 4で縫っていないあき部分の縫い代を1cmにしてからアイロンで割る
  6. 5の作業が終わったら、あき部分を二つ折りに入れ込んでアイロンでプレスする
  7. 5で処理した部分を端から0.2cmの位置で縫い付け、あきの部分で方向を変えて返し縫いをする
  8. 返し縫いが終わったら、方向を変えて縫っていない片方のあき部分を端から0.2cmの位置で縫い付ける
  9. 袋口になる横部分を1.5cmから3cmの三つ折りにして、0.2cmの部分で縫い付ける
  10. ひも50cmを筒状に仕上がった8の部分に通す

参考
作り方_給食袋|クローバー株式会社