横浜三育小学校の特徴とは?学費、評判について解説

小学校受験が中学、高校、大学受験と異なるのは、親の教育方針が大きく影響がちなところです。幼稚園・保育園の子供が小学校の進学についてはっきりとしたビジョンを持てることはあまりありません。親がどのように学校を選択し、受験をさせるかという点が非常に重要なポイントとなります。

受験は情報戦といわれています。より多くの確かな情報を得ることで、子供に合った学校選びができるのです。

今回は横浜三育小学校の詳細をご紹介します。ぜひ志望校選びの際の参考にしてください。

横浜三育小学校について

横浜三育小学校は、横浜市の旭区にある男女共学の私立小学校です。相模鉄道線の三ツ境駅・JR横浜線の十日市場駅・東急田園都市線の青葉台駅からスクールバスを運行しています。

創立は1957年、国内に約20校もの系列校を持つ学校法人三育学院が運営しています。

学校での教育内容

三育教育の理念として掲げられているものは全部で5つあります。

  1. 思いやりのある子
  2. 自分の力で考える子
  3. 進んで働く子
  4. 最後までやり抜く子
  5. 礼儀正しい子

1クラス20人制の少人数教育を導入しており、教師がそれぞれの児童と向き合うことができる環境を作っています。縦割り交流の実施も行い、社会との触れ合いも大切にしています。

生徒の学校生活や行事

横浜三育小学校では季節に応じたさまざまな行事が行われています。

  • 4月:入学式・授業参観・歓迎ピクニック
  • 5月:運動会・交通安全教室
  • 6月:修学旅行・春の宗教週間・系列中学校見学会・漢字検定・幼稚園交流会
  • 7月:老人ホーム訪問
  • 9月:夏休み作品発表会・私立小学校音楽会・秋の宗教週間・授業参観
  • 10月:宿泊学習・バザー・第1期入学試験・英語検定
  • 11月:第2期入学試験・老人ホーム訪問・避難訓練
  • 12月:クリスマス会・三育合同クリスマスコンサート
  • 1月:芸術鑑賞会・漢字検定
  • 2月:スケート教室・卒業祈祷週・学習発表会・算数検定・私立小学校児童造形展
  • 3月:駅伝大会・卒業式

また、時間割の中に聖書の時間や礼拝が含まれていることが大きな特徴です。これはキリスト教の教えを基にしている横浜三育小学校ならではの特徴といえるでしょう。

時間割表
(引用元:学校生活|横浜三育小学校

学費

横浜三育小学校の2018年度にかかる学費は次の通りです。

初年度 2年目以降
入学金 60,000円
施設拡充費 60,000円
授業料 312,000円 312,000円
学校維持費 89,400円 89,400円
教育充実費 48,000円 48,000円
合計 569,400円 449,400円

(参照元:横浜三育小学校(学校情報)|小学校受験の「お受験じょうほう」

また任意ではありますが、1口30,000円の寄付金を5口以上、教材費や積立金などについては別途必要になります。

横浜三育小学校の特徴とは?

横浜三育小学校の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか? ここでは3つのポイントをピックアップしてご紹介します。

系列校の中学からは全寮制

横浜三育小学校系列の中学校に入学すると同時に全寮制となります。目的は自立心を養うことです。洗濯はもちろん風呂や部屋の掃除などを全て生徒が行います。食事は朝昼晩とみんなで食堂で食べます。部屋にテレビは設置されておらず、ゲーム機などもありません。同じ敷地内に教職員の住まいがあるため、時間を問わず勉強を教えてくれたりするメリットがあるでしょう。

キリスト教を宗派としている

横浜三育小学校は、1957年にキリスト教プロテスタント宗派の一つであるセブンスデー・アドベンチスト教会を母胎として開設されました。キリスト教の教育理念を信条とし、教育を行っています。また毎日の時間割の中に聖書の時間や礼拝が導入されているのも特徴の1つといえます。

少人数で英語教育を行っている

横浜三育小学校は英語教育に非常に注力しています。目標としては「聞くこと・話すこと・読むこと・書くこと」の4技能の習得を目指し、コミュニュケーション能力の育成を行うことです。1年生から少人数制の授業を行い、英語好きな子供を育てるカリキュラムが組まれています。