【高校生向け】読書感想文の書き方!簡単に書けるコツを例文つきで!

高校生を悩ませる課題の1つである読書感想文。「何を書けばいいのか分からない」「文章を書くのが苦手」だと頭を悩またり、本のあらすじで原稿用紙を埋めたりしている子供も多いのではないでしょうか。当記事では、高校生向けに読書感想文の書き方とそのコツを例文を交えてご紹介します。

読書感想文を書くための本の読み方

ただ本を読んでいきなり読書感想文を書くのは、普段から読書感想文を書いていない限りはなかなか難しいものです。「この本を読んでみたい!」と思わせる読書感想文を書くためには、本の読み方にもコツが必要です。ここでご紹介する2つのコツをぜひ子供に伝えてみてください。

メモを取る

本を読みながらメモを取りましょう。メモ帳やノート、付箋など、自分にとって書きやすく分かりやすいものであれば何でもかまいません。メモを取っておけば、本の内容や読書中に感じたこと、心を動かされた場面などを見直しやすくなります。メモを取るポイントは以下の通りです。

  • 内容の要約
  • 好きな場面
  • 感動したことや共感したこととその理由
  • 気になったことなどとその理由

内容の要約をする場合は、著者の言葉をそのまま書き写すのではなく、なるべく自分の言葉で言い換える「パラフレーズ」をしてみましょう。自分の言葉を用いることで、読書感想文の質をより高めることができます。

本に線を引く

自分の本であれば、読みながら本に直接線を引きます。初めて読む本は1度読んだだけではなかなか理解しづらいものです。線を引いて本のポイントを把握しましょう。線を引いておくといいのは以下の5つです。

  • 好きなセリフ
  • 分からない部分
  • 読み返したい場所
  • 著者がこの本を通して伝えたいこと
  • この本のテーマとなる部分

このほかにも気になる部分があれば線を引きましょう。「好きなセリフは赤」「本のテーマとなる部分は青」などとカラーペンを使って色分けしておけば、後で見返したときに分かりやすいでしょう。疑問符(?)や感嘆符(!)を書き込むのもいいことです。自由に工夫するようアドバイスしてみてください。

1 2 3