2019年のGWは10連休!家族で楽しめるおすすめの旅行スポット

2019年のゴールデンウィークは10連休です。お子さんとどのように過ごそうか悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか。

ゴールデンウィークに旅行をするのは多くの家族にとって定番でしょうが、今回はゴールデンウィークに家族旅行にオススメの国内の旅行スポットをご紹介します。暖かくなる季節だからこそ、より楽しめる野外テーマパークや自然・生き物とのふれあいなど、お子さんの思い出と学びになる旅行スポットをじっくり選びましょう。

GWに行きたい子供にオススメテーマパーク4選

まずはオススメのテーマパークからご紹介していきます。

入園無料化!年齢問わず楽しめる富士急ハイランド(山梨)

(参照元:富士急ハイランド公式

フジヤマやドドンパなどの絶叫マシンで有名な富士急ハイランドは、2018年夏から入場料無料になりました。

富士急ハイランドは、絶叫マシンなどのアトラクションがあるエリアと子供向けのトーマスランドの2つのエリアに大きく分かれています。今までなら、絶叫マシンに乗らない人や小さな子供にとっては、富士急ハイランドでは入場料とフリーチケットで遊び尽くせないこともありました。しかし無料化で、絶叫マシン以外の乗り物に乗る子供にとっても十分楽しめるようになりました。

幼い子供向けの乗り物や迷路などで遊べるトーマスランド、2019年に新アトラクションが加わるリサとガスパールタウンなど、絶叫マシン以外にも楽しめるポイントが盛りだくさんです。

1日フリーパスで思いっきり遊ぶもよし、好きなアトラクションにだけ乗って他の観光スポットとセットで楽しむもよし。家族みんなの要望をかなえやすい旅行先の一つです。

いろんなお仕事体験ができるキッザニア(東京・兵庫)

子供が遊びながら職業体験ができる場所として有名な「キッザニア」。キッザニアは、こどもたちがあこがれの仕事にチャレンジし、楽しみながら社会の仕組みを学ぶことができる「こどもが主役の街」です。学校などでも職業体験に行くこともありますが、街全体が3分の2のスケールで作られ、通貨や仕事道具などを使うことができ、よりリアルな体験ができるでしょう。

体験できる仕事やサービスは100種類以上あり、子供の興味や関心に合わせたさまざまな遊び方ができます。職業体験としても充実した施設ですが、楽しみながら学べるテーマパークで、学びのあるゴールデンウィークを計画してみてはいかがでしょうか。

また、アクティビティに参加できるのは、3〜15歳の子供に限定されていますが、2歳以下や保護者でも快適に過ごせるキッズルームやカフェなどが用意されています。キッザニア東京とキッザニア甲子園がありますので、お近くのアクセスしやすい施設を選んで出かけましょう。

レゴの世界で想像力も豊かに!レゴランド(愛知)

(参照元:レゴランド公式

2017年のオープンとともに話題になったレゴランドは、2〜12歳の子供とその家族が思い切りレゴの世界を楽しめるレゴランド・ジャパンとレゴランド・ジャパン・ホテルが一体となったリゾートです。アトラクションに乗ったり、レゴモデルを楽しむなど、パークからホテルまで至るところでレゴの世界を満喫することができます。

さらに、レゴランドでは、ゴールデンウィークに合わせてイベントを開催しています。例えば2019年は5月9日まで、オープン2周年を記念してアニバーサリーイベントの一つである「レゴ ニンジャゴー・トレーニング・アカデミー」では、パーク内で行われる6つの修行にチャンジして、最強のニンジャを目指します。修行をクリアしながらスタンプを集め、免許皆伝の証をゲットしましょう。免許皆伝の証を取得すると2019年7月オープン予定のレゴニンジャワールドに優先入場できるのこと。大人の付き添いがあれば、2歳からでも参加できるイベントです。幼いお子さんでもレゴの世界を楽しむことができるでしょう。

また、アニバーサリーショーや限定フード、グッズ、限定キャラクターとのグリーディングなど、レゴランドをさらに盛り上げる仕掛けがいっぱいです。今年のゴールデンウィークは、パワーアップしたレゴランド・ジャパン・リゾートに遊びに行ってみてはいかがですか?