子供の遊びにオススメ!ダンボール工作で作れるおもちゃを8つ紹介

子供は好奇心旺盛で、次々と新しいおもちゃに興味を持ちます。そこで、子供と一緒におもちゃを手作りしてみませんか。親子で楽しみながらおもちゃを作り、一緒に遊ぶと、おもちゃへの愛着もわき、素敵な思い出ができます。1人で工作できる年齢の子供であれば、自由研究にするのもおすすめです。

男子にオススメのおもちゃ4選

体を動かして遊ぶのが好きな男の子におすすめのおもちゃを4つご紹介します。

ダーツ

男の子が大好きなダーツのおもちゃです。矢の先端にガムテープを貼って、ダンボールとプラ板でできた的を狙って遊びます。的にプラ板を使うことで、何度も繰り返し遊べるようになります。コンパスを使って円を描く練習もできます。

【材料】

  • ダンボール
  • プラ板
  • ストロー
  • 画用紙

(引用元:ダーツ|簡単手作りおもちゃの作り方 工作図鑑

【道具】

  • 色鉛筆
  • はさみ
  • スティックのり
  • ビニールテープ
  • コンパス
  • ガムテープ

(引用元:ダーツ|簡単手作りおもちゃの作り方 工作図鑑

【作り方】

ダーツの的を作ります。

  • コピー用紙の中心を探るために、定規を対角線上に置いて×印をつけます。
  • コンパスで円を3つ描きます。
  • 色鉛筆で塗ります。
  • ダンボールにスティックのりで貼り付けます。
  • 同じくスティックのりで、プラ板を貼り付けます。
  • 裏側にひもをとりつけます。
  • 的の完成です。

ダーツの矢を作ります。

  • ストローを短く切って、先端にビニールテープを巻き付けます。
  • 画用紙を三角形(正しくは台形)に3つ切り取ります。
  • セロハンテープでとめます。
  • 3つすべて貼り付けます。
  • 矢の完成です。

(引用元:ダーツ|簡単手作りおもちゃの作り方 工作図鑑

迷路

ダンボールで作った迷路です。箱を傾けてビー玉を転がし、ゴールまでの道順をたどって遊びます。のれんやトンネルなど、さまざまな仕掛けを作ると、よりおもしろくなります。自分で設計図を作ることで、想像力が培われていきます。小さな子供はビー玉の誤飲に注意してください。

【材料】

  • 空き箱
  • ダンボール
  • ビー玉
  • つまようじ
  • 工作用紙
  • ストロー
  • ノート(設計図を描くために使う)

その他にも、自分で考えた仕掛けを作るのに必要なものを用意しましょう。

(引用元:ビー玉迷路|簡単手作りおもちゃの作り方 工作図鑑

【道具】

  • はさみ
  • カッター
  • セロハンテープ
  • ボンド
  • えんぴつ
  • 定規

(引用元:ビー玉迷路|簡単手作りおもちゃの作り方 工作図鑑

【作り方】

設計図を描きます。

まずはノートに設計図を描きます。

どんな仕掛けを作るかよく考えましょう!

ダンボールで壁を作ります。

壁に使うダンボールをカットします。

ビー玉よりも高くなるようにあらかじめ定規で線を引き、カッターナイフで切りましょう。

真っ直ぐにカットするのがポイントです。

カットしたダンボールを設置します。

木工用ボンドで固定します。

(引用元:ビー玉迷路|簡単手作りおもちゃの作り方 工作図鑑