こどもの日を折り紙で楽しもう!子供と一緒にできるおすすめ折り紙

こどもの日は、子供と一緒に折り紙で作品を作って楽しんではいかがですか? こいのぼりやかぶとなど、こどもの日にちなんだ折り紙の作品に親子でチャレンジすれば、こどもの日は盛り上がることでしょう。当記事では、子供と一緒に楽しめる折り紙の折り方や、折り紙を使ったアレンジアイデアなどをご紹介します。

こどもの日にちなんだ折り紙

端午の節句としても知られているこどもの日にちなんだ折り紙の作品を作ってみましょう。小さい子供でも簡単に作ることができるものから、小学校高学年の子供向けのような少し難しめの作品もあります。子供の年齢や、それぞれの折り紙の得意・不得意に合わせて折り方を選びましょう。

かぶと

「災いから身を守る」という意味で飾られる「かぶと」の作り方をご紹介します。かわいい柄の入った折り紙を使うと、女の子にも喜ばれることでしょう。新聞紙を正方形に切って作ると、実際に子供が頭に乗せられる程度の大きさにできます。かっこいいかぶとを身につけて、武士になったつもりでごっこ遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

未就園児でも簡単に折れる!【基本】かぶとの折り方

【アレンジ編】かっこいいかぶとの折り方

難しい折り方にチャレンジ!【上級編】

こいのぼり

「立身出世するように」との願いが込めらていると言われる「こいのぼり」の折り方を見ていきましょう。折り紙の大きさを少しずつ変えて、お父さん、お母さん、子供のこいのぼりを作って家に飾るのもおすすめです。竿も折り紙を切って作ったら、お家の中でも飾ることができるこいのぼりの出来上がりです。カラフルな色紙を使って、個性あふれる「こい」を親子で一緒に作ってみましょう。

【基本】こいのぼりの折り方

チャレンジしてみよう!立体的なこいのぼりの折り方