大東文化大学の著名な卒業生まとめ!知ってる有名人は何人いる?

大東文化大学は1949年に設置され、東京都板橋区高島平に本部を構える私立大学です。スポーツが盛んで、正月の箱根駅伝などで大東文化大学の名前を知っているという人も少なくありません。多くの学部を有する大東文化大学は、著名人も数多く輩出しています。当記事では、大東文化大学を卒業し、各界で活躍する有名人をご紹介します。

スポーツ界で活躍している有名人

大東文化大学は多くのスポーツ選手を輩出しています。ここではスポーツ界で活躍する卒業生をご紹介します。

鈴木弘

元プロ野球の選手で、日本人で初めてメジャーリーグの球団と契約をした選手です。196cmという恵まれた体格から「ジャンボ鈴木」の愛称で親しまれました。

1970年に行われた日米野球にはジャイアンツのメンバーとして来日し、2試合中1試合先発として活躍します。その後ロッテオリオンズに入団しますが、1軍での出場はないまま翌年には現役を引退しました。

土井杏南

土井杏南は、短距離女子100m走の日本中学記録を保持する陸上競技選手です。2012年のロンドンオリンピックに4×100mリレーの第一走者として出場。2018年に大東文化大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科を卒業し、日本航空に入社しています。

2014年には陸上の世界ジュニア選手権で、過去最高の記録を樹立しており、日本の陸上界を牽引する選手として期待されています。

市田孝・宏

市田孝と市田宏は、大東文化大学を卒業した陸上の長距離選手です。双子の兄弟で、中学校から一緒に陸上を始め、現在はいずれも旭化成に所属しています。

大学在学時には低迷していた箱根駅伝の出場権を獲得し、区間賞こそ逃したものの、シード権を獲得するまでに盛り上げた立役者と言われています。現在は実業団の選手として活躍しています。

1 2 3