倍率約10倍の人気校!桐朋小学校の歴史や受験の特徴とは

毎年10倍近い倍率のある人気の小学校が、桐朋小学校です。なぜ、そんなにも入学志望者が集まるのでしょうか。桐朋小学校に入学するには、親御さんだけが躍起になっても難しいのかもしれません。その理由を歴史や教育の特徴、試験情報を含めてご紹介します。

桐朋小学校とは

桐朋小学校の歴史

桐朋小学校は、下記のとおりの歴史を歩んできました。(※一部抜粋)

1940年 山下汽船株式会社、山下亀三郎氏の陸海軍への献金をもとに、財団法人山水育英会(桐朋学園の前身)が設立される。
1947年 終戦により山水育英会は、東京教育大学(当事の東京文理科大学・東京高等師範学校)に移管。財団法人桐朋学園が誕生。当時の東京文理科大学学長である務台理作が理事長・校長に就任する。
1955年 幼・小・中・高の一貫教育体制をめざして、普通科に桐朋幼椎園・桐朋小学校を設置。
1985年 初等部創立30周年記念行事・祝賀会を開催。『桐朋幼椎園・小学校の教育』刊行。この年以降、教科ごとに『桐朋小学校の教育』を順次刊行。八ヶ岳高原寮新築工事完成。
2009年
1、2学年1学級24名の3学級に。3、4、5、6学年は1学級36名の2学級に。
2015年 初等部創立60周年記念行事開催。

(引用元:沿革|桐朋小学校

60年以上の歴史ある伝統校です。

短期大学までの一貫校

桐朋学園では、桐朋幼稚園から桐朋高等学校、桐朋女子高等学校に至るまで12年間一貫して教育を受けることができます。中学高校については、男女共学ではなく別々の学校に通います。桐朋学園には、通信簿がありません。子供を評価しないわけではなく、子供自身が課題を見つけ、取り組んでもらいます。テストの点数にとらわれず、子供自身の成長に合う教育を行っています。

教育内容の特徴

暗記でない学力の向上

国語・社会・算数・理科といった基礎教科の知識や技能を身につけ、子供の問題解決能力を磨きます。思考力や想像力を培い、子供自身の意欲を大切にしています。観察力や表現力、構成力を鍛えるために、日記指導も行っています。

心身を鍛える

子供たちは、最寄り駅から毎日15分間歩いて通学しています。毎日の徒歩通学を通して子供たちの心身を鍛えることができます。また、歩くことを重視した遠足や天狗岳に登山する林間学校、毎年5月~10月まで水泳、6年生の臨海学校で遠泳などを実施しています。こういった経験から元気な心身に育ち、目的達成に対する強い意志を養うことができるでしょう。

情操を養う

「情操」とは、美しさに感動する豊かな心や、道徳的・芸術的に社会的価値をもつ複雑な感情のことです。桐朋小学校の自然豊かな環境で遊ぶことで、豊かな心を育みます。野菜の栽培や、うさぎやにわとりの飼育を通して、生命の営みに触れます。さらに、児童会活動やクラブ活動で学年を越えた交流を深めています。

具体的な教育内容

各教科では、桐朋小学校が独自に作成したテキストやプリントを使って授業を進めます。総合学習については、40年以上の実績を持っています。音楽や美術の授業は、1年生から専門の先生が担当します。また、体育は、3年生~4年生が週1時間、5年生~6年生が週3時間ほど行います。

【2019年度版】桐朋小学校の入試情報

入学試験について

受験情報

2019年度入学で発表された募集要項は下記のとおりです。

・募集人員 第一学年 : 72名(本学園幼稚園からの進学者約26名を含む)
・出願資格 2012年4月2日から2013年4月1日までに出生した子ども
・願書配布 2018年5月12日(土)~10月5日(金)
・考査方法 第1次・第2次考査で、作業・言語・数量・行動における考査。

(引用元:児童募集要項|桐朋小学校

試験内容

桐朋小学校の姿勢として、入学審査合格のための準備を望ましいものと考えていません。子供にとって、幼いころから知識の詰め込み、他社の評価に縛られることはマイナスに働くかもしれません。入学審査では、前もって何かを準備する必要のある問題を出題せず、5歳6歳の子供の多くが、普段から身につける知識や技術、感性などを評価しているようです。
内容は明らかにされていませんが、下記の審査を行っています。ペーパーテストや親御さんの面接はありません。

  • 行動観察(工作・指示)
  • 個別(工作)

工作という面で、普段子供がどういった遊びをしているのかが見られるのかもしれません。実際には、「ガムテープの使い方が手馴れていた」「自分の工作より、友達にテープを使った花の作り方を教えてあげた」子供が合格していたようです。工作スキルの上手い下手ではなく、その人間性も評価されてているようですね。

入学への難易度

桐朋小学校への入学は、狭き門となっています。

2016年度入試結果

志願者数 男子188名 女子130名 合計318名
合格者数 男子18名 女子16名 合計34名
倍率  男子10.4 女子8.1 合計9.4

2017年度入試結果

志願者数 男子193名 女子122名 合計315名
合格者数  男子17名 女子17名 合計34名
倍率  男子11.4 女子7.8 合計9.3

参考
桐朋小学校|お受験じょうほう

といった結果になっています。平均して10人に1人の割合で合格しているようです。

学費などの諸経費

2017年度における学費などの諸経費は、下記のとおりです。

初年度合計     1,222,000円
2年目以降合計   820,000円

入学金 300,000円(※1)
建築資金 100,000円(※2)
PTA入会金 2,000円
合計 402,000円 (※初年度のみ)

授業料 583,200円
施設拡充費 138,000円
児童諸料 24,200円
PTA会費 4,400円
児童会費 200円
教育充実費 24,000円
積立金その他 46,000円
合計年間学費 820,000円

入学手続き時に必要な金額 上記のうち※1 400,000円
返納制度 一部返納
その他 教育環境整備寄付金(任意) 1口100,000円 2口以上

(引用元:桐朋小学校|お受験情報

初年度は、大きく金額が必要になるため、ご家庭の負担にならないよう注意が必要でしょう。

小学校卒業後の進学状況

2016年4月の進学先の情報によれば、小学校からほぼ全員が「桐朋中学校」(男子校)「桐朋女子中学校」(女子高)へ進学しています。中学校からはそのまま「桐朋高等学校」(男子校)「桐朋女子高等学校」(女子高)へ進学。

2018年度の合格実績では、「桐朋高等学校」から、東大・京大に18名、一橋・東工大・旧5帝大(北海道大・東北大・名古屋大・大阪大・九州大)に61名、国公立大学に145名、早稲田・慶応・上智に231名、GMARCH(学習院大・明治大・青山学院大・立教大・中央大・法政大)に252名、医学部に51名が進学しています。

「桐朋女子高等学校」からは、東大・京大に2名、国公立大学に19名、早稲田・慶応・上智に34名、GMARCHに76名、医学部に5名が進学しています。

おわりに

高校卒業後には、有名大学に進学する生徒も多くいるようです。詰め込み式の教育を避け、その子供を全人的に教育するからこその結果なのかもしれません。10倍近い倍率をくぐり抜けるのは難しいことでしょう。しかし、親御さんが普段から子供にどう接しているか、親御さん自身がどういった生き方をしているかが、子供に表れます。桐朋小学校の入学試験ではそこを評価しているようです。

参考
ホーム|桐朋小学校
桐朋学園小学校が人気である3つの理由とは?|ひとみ教室
小学校受験はこの学校!桐朋学園女子部門 桐朋小学校|mamari
桐朋学園小学校の受験予定者必見!合格のために必要なこと|チャイビ
首都圏市立小学校 2019年度入試速報!|お受験インデックス
桐朋小学校|お受験じょうほう
桐朋中学校|Study中学受験

この記事をかいた人

okamoto

okamoto