【2019年版】獣医学部のある大学と学費、学費を抑えるための方法

子供が大学の獣医学部への進学を希望している場合、「獣医とは言えど、医学系の学部だから、高額なのでは?」と学費のことが心配になる親も多いでしょう。そもそも獣医学部はどの大学に設置されていて、それぞれどのくらいの学費がかかるのでしょうか? また、獣医学部の学費を安くおさえる方法はあるのでしょうか?

当記事では、2019年版の獣医学部がある大学とその学費、また受験前に知っておきたい、獣医学部の学費をおさえる方法をご紹介します。

獣医学部の設置されている大学

2018年12月現在、日本国内の大学では下記のとおり国立大学で10校、公立大学で1校、私立大学6校に獣医学を勉強できる学部や学科が存在しています。

国立大学の獣医学部

公立大学の獣医学部

私立大学の獣医学部

共同獣医学部とは何か?

大学のホームページを確認してみると「◯◯大学との共同獣医学部」という言葉が頻出します。「共同獣医学部」とはいったいどのような学部なのでしょうか?

共同獣医学部とは、複数の大学でそれぞれが持っている施設や在籍している教員などの教育資源を大学間で相互に提供し合うことで、より魅力的な教育環境の実践と向上を目指すための取り組みとして2009年から始まった教育課程制度です。獣医学の学問領域として、世界水準の教育環境に近づけようという目的を持っています。

日本国内では国公立・私立大学すべてを合わせても17大学しか獣医学を学べる環境がないため、拠点の近い大学同士が連携して共同獣医学部となる場合が多いです。2018年12月現在、下記の大学が共同獣医学部としての連携をしています。

  • 北海道大学/帯広畜産大学
  • 岩手大学/東京農工大学
  • 岐阜大学/鳥取大学
  • 山口大学/鹿児島大学

(引用元:共同獣医学部とは?|獣医大学NAVI

1 2 3