福岡のおすすめインターナショナルスクール!メリットやデメリットも紹介

子供の将来のためにインターナショナルスクールを検討される親御さんも多くいることでしょう。福岡県内のインターナショナルスクールには、どんな特徴があるのか、通学のメリットやデメリットは何かについてご紹介します。

インターナショナルスクールとは

インターナショナルスクールは、国際的な教育や、その国や地域で外国人を対象にした教育を展開する学校です。文部科学省の中央教育審議会は、「英語で授業が行われ、外国人児童生徒を対象とした教育施設」とスクールを定義しています。通常の義務教育課程とは異なるため、将来の進路についてよく考えた上で入学した方がいいでしょう。

福岡のインターナショナルスクール紹介

今回は、福岡県の4つのインターナショナルスクールの理念や教育カリキュラムについてご紹介します。

福岡インターナショナルスクール

学校の理念

福岡インターナショナルスクールは、3歳から18歳までの生徒に対して質の高い国際教育経験を提供しています。生徒の国籍は20ヶ国以上、先生も13ヶ国に上ります。本校は、日本や海外の国々とのつながりを評価しています。世界に通じる国際教育を求めている家族に対して役立つことを望んでいます。刻々と変化する世界で成功するために、必要な教育に自信を持っています。学生は、教室外の学習を拡大するフィールド・カルチャー、旅行を定期的に行っており、卒業生は世界中の大学に進学しています。

具体的な教育カリキュラム

小学校の教育では、社会性、感情の豊かさ、学力の向上を目指して子供が安全に成長できる環境を用意しています。子供たちは、日常生活や遊び場、カリキュラムへの参加を通して、創造性を学び、認め合い、称賛し合っています。小学校では、PYP(Primary Years Program)という教育プログラムを実施しています。これは、心と体の両方を発達させるためのプログラムです。先生は、カリキュラムを進めるだけでなく、子供たちに好奇心を持たせて、問題に対する新たな答えを見出せるよう指導します。子供たちが心をオープンにして、挑戦を積極的に受け入れるよう導いています。

福岡インターナショナルスクールの公式HPはこちら

1 2 3