政財界人からスポーツ選手まで!関西学院大学の著名な卒業生とは

関西の「関関同立」の1つとして有名な関西学院大学。各界で活躍する著名人が、多く卒業しています。政財界、芸能界、スポーツ界、文化界、多種多様なキャリアを持つOBやOGをご紹介します。子供の進路選択の一要素として、卒業生たちを参考にしてみてはいかがでしょうか。

関西学院大学を卒業した著名人

政財界人

小池百合子

第20代の東京都知事を務める政治家。甲南女子中学、高等学校を卒業して関西学院大学社会学部に入学しました。その後、エジプトのカイロ大学でアラビア語を学びました。卒業後は、アラビア語の通訳として、1979年からは女性キャスターとして活動の幅を広げます。1992年ころから日本新党に入党して、政治家としての活動を始めました。

2000年ごろからは、自民党との連立勢力を経て、自由民主党に入党します。2006年の安倍内閣では、内閣総理大臣補佐官にも任命されています。2016年には、「都民ファーストの会」代表として東京都知事選に立候補。見事当選して、東京都知事に就任しました。

樋口武男

大和ハウス工業の会長及びCEOを務めています。関西学院大学法学部を卒業して、鉄鋼商社に就職し、1963年に大和ハウス工業へ転職。常務や専務を経て、93年に関連会社の大和団地社長へ就任します。山戸団地の抱える有利子負債を2年で黒字化して、7年後に復配まで再建させました。その功績から2001年に大和ハウス工業の社長に就任します。同社のバブル期の負債を処理して、業績赤字からV字回復、業界トップメーカーへと導いていきます。

2004年には、同社の代表取締役会長及びCEOに就任しました。

浦野靖人

『日本維新の会』に所属する政治家です。関西学院大学の教育学部出身で、アルペン競技スキーの選手として活躍しました。大学卒業後は、天美保育園で保育士として勤務し、大阪府社会福祉協議会に出向しました。2012年と2014年には、衆議院議員選挙大阪15区で当選しています。

現在は、日本維新の会の政務調査会副会長や学生・青年局長として活動するほか、内閣委員会委員、決算行政監視委員会委員、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会委員にも携わっています。

丹羽兵助

昭和・平成期に活躍した政治家です。元国務大臣です。関西学院大学神学部に入学しましたが、父親の急死のために大学を中退することになりました。家業の建築請負業を継ぎ、運送業「東春運輸」を創業しました。

愛知県山町議、愛知県議を歴任して、1955年から衆議院に12回当選しています。郵政、農林政務次官を経験して、1974年第2次田中第2回改造内閣で国士庁長官、1982年に中曽根内閣総務長官、1988年に竹下改造内閣労相へ就任しました。

尾上広和

株式会社グローリーの代表取締役社長です。姫路東高等学校から関西学院大学商学部に進学しました。1970年に株式会社グローリーへ入社します。自動販売機・遊戯システムの事業部長を務め、2001年に取締役に就任しました。2006年には同社執行役常務執行役員、2009年に経営戦略統括部長を経て、2011年に代表取締役社長へ就任しています。

芸能人

三久保角男

中部日本放送の元アナウンサーです。滋賀県出身で、滋賀県立大津高等学校から関西学院大学に入学しました。大学卒業後は、1967年から中部日本放送にアナウンサーとして入社しています。同期には、村井秀樹、荒川戦一、福井豊治、島津晴雄の各氏がいました。

テレビでは、「土曜9時ハンただ今参上!」「CBCニュースワイド」などに出演しています。ラジオ番組でも活躍し、アナウンス部長を務めて退職しました。現在は、愛知淑徳大学で非常勤講師として、スピーキング系の日本語表現科目を教えています。

三倉茉奈・佳奈(双子)

双子の女優、タレント、歌手。とも関西学院大学社会学部社会学科を卒業しています。子役でNHK連続テレビ小説『ふたりっ子』でデビューしました。その人気から、女優やタレントとしてバラエティ番組、舞台、映画、ラジオ、CMなどに多数出演しています。2008年に放送されたNHK連続テレビ小説『だんだん』の出演を機に、双子ではなく別々の女優としてテレビや舞台などに出演するようになりました。佳奈さんは、現在一般男性と結婚して二児の母に。茉奈さんは、女優として活動を続けています。

ひぐち君

漫才コンビ『髭男爵』のボケ担当。サンミュージックプロダクションに所属しています。本名は、樋口真一郎です。福岡県出身で、関西学院大学社会学部を卒業しました。卒業後、大手企業に就職するも1ヶ月で辞め、お笑い芸人になりました。2006年のM-1グランプリで準決勝に進出。2008年にテレビ出演が急増して、バラエティ番組やCMに出演、自身のラジオ番組『髭男爵 ルネッサンスラジオ』(文化放送)も始めています。

斉藤美穂

元グラビアアイドル。関西学院大学社会学部を卒業しました。在学中には、三倉姉妹と友人だったようです。当初は、モデルやファッションショーで活動していました。

2004年にグラビアアイドルに転向して、『ナイトサイト』(NIGHT SIGHT)というユニット、2006年からソロで活動しています。ナイトサイトでは、2005年に映画『鳶がクルリと』のキャンペーンガールとして各種メディアへ登場しました。2007年ころに芸能活動を引退しました。

スポーツ選手

木村現

元プロサッカー選手。広島県高等師範学校付属中学(現・広島大学付属高校)で、長沼健、樽谷恵三両選手とともにスリートップの右ウイングで全国中学校選手権(現・全国高等学校サッカー選手権大会)の戦後初優勝に貢献しました。3人の強力な攻めで、4試合で計21得点をたたき出しています。チームメンバー8名と一緒に関西学院大学へ入学。1950年に全日本選手権大会で慶應義塾大学に勝って優勝しました。「日本最高のウイング」として有名になり、1954年のFIFAワールドカップ予選の韓国戦に先発で出場しました。

稲垣諒

バスケットボール選手。1988年生まれ、奈良県出身。小学校3年生でバスケットボールを始めました。椿井アキンズ、奈良市立三笠中学校、東山高校を卒業して関西学院大学へと進学しています。卒業後は、2012年7月に東京ハンナリーズの練習生になり、同年9月には選手契約を結んでいます。2013年7月からは、バンビシャス奈良でプレーしています。

石本秀一

プロ野球監督。小学校からエースとして活躍して、高校でエースとなり、地元広島県でも有名に。1916年第2回、1917年第3回全国中等学校優勝野球大会(現全国高等学校野球選手権大会)に連続出場しました。1936年には、プロ野球が開幕して大阪タイガースの二代目監督に就任。選手を束ねてチームを2度優勝へと導きました。

1950年に広島カープの創設と同時に初代監督へ就任。球団の財政難や選手層不足に奔走して、周りから応援されて球団存続へとつなげていきました。1972年に野球殿堂入りを果たします。1975年に広島の初優勝、日本一を見届け1982年に亡くなりました。

田口壮

プロ野球選手。兵庫県西宮北高校で甲子園を目指すも、出場のないまま卒業。関西学院大学では、硬式野球部に所属しました。関西学生野球連盟の公式戦で通算123安打を達成して、連名史上最多安打記録を残しています。1991年にオリックス・ブルーウェーブへ入団。2000年には、松坂大輔選手や中村紀洋選手とともに、シドニーオリンピック野球日本代表にも出場。2002年には、セントルイス・カージナルスとの契約でメジャーデビューを果たします。

その後、2007年にフィラデルフィア・フィリーズ、シカゴ・カブスを経て、2010年にオリックスへ復帰します。2012年に右肩を痛めてから現役を引退して、野球解説者として活動、2015年にオリックス・バッファローズの二軍監督に就任しました。

文化人

谷川流

小説家。関西学院大学法学部を卒業しています。大学卒業後は、婦人服店の店長を務めるも作家を目指して退職しました。2003年に『電撃!!イージス5 盾と羊と』でデビュー。『涼宮ハルヒシリーズ』は、国内800万部、世界15か国で販売され累計部数2000万部以上。第24回『スニーカー大賞』では選考委員を務めています。

河邉徹

ドラマー。関西学院大学文学部を卒業。ミュージックバンド『WEAVER』のドラマーで、楽曲の作詞を手掛けています。WEAVERのメンバーたちとは、高校生時の同級生で、学生時代にバンドを結成していました。BUMP OF CHICKENの『jupiter』から影響を受け、楽曲で人間関係や心の表現に活かしています。

一瀬隆重

映画プロデューサー。映画制作会社『株式会社オズ』の元代表取締役です。1980年、関西学院大学在学中に、44分のカラー8ミリ自主映画を始めて監督して制作しました。1988年に、初のメジャー作品で自信がエグゼクティブプロデューサーを務めた『帝都物語』が、興行収入約18億円を記録して注目されるようになりました。株式会社オズでは、2004年に『呪怨』をリメイク、プロデュースした『THE JUON/呪怨』が全米興行収入1位を記録する大ヒットしました。

桂文華

落語家。本名は、増田智彦(ますだ ともひこ)。中学2年生で、全校生徒の前で落語を披露したことをきっかけに、落語家としての道を歩み始めます。大阪府立生野高等学校、関西学院大学で落語研究会に所属。24歳で舌がんを発症しましたが克服しました。

1988年6月に、3代目桂小文枝に入門。1997年になにわ芸術祭新人賞、2008年に文化庁芸術祭の優秀賞、2010年に第5回繁昌亭大賞 大賞など、多数受賞しています。

おわりに

各分野で活躍している著名人をご紹介しました。今回ご紹介した著名人は、関西学院大学のほんの一部の卒業生です。彼らの人生を一つのロールモデルとして考えてみるのも一つの方法です。活躍する卒業生の多い関西学院大学で学び、子供が人生をかけて歩む道へとつなげてみてはどうでしょうか。

参考
関西学院大学|関西学院大学
関西学院大学 出身の有名人|みんなの大学情報
関西学院大学出身の有名人まとめ|co-media
関西学院大学の人物一覧|Wikipedia

この記事をかいた人

okamoto

okamoto