【月齢別】乳児が喜ぶ手遊び歌10選!親子で一緒に楽しもう

遊んで楽しいだけではなく、手先を動かすことで脳の発達も促す手遊び。乳児の頃からも手遊びで遊ぶことができます。ちょっとした待ち時間などでも持ち物なども特に必要なく、子供の退屈をしのげるのでいくつかレパートリーを持っていると役立ちます。今回はそんな乳児向け手遊びをご紹介します。

2〜4ヶ月向けの簡単手遊び歌

このころの赤ちゃんはまだ寝ていることが多く、自分の意思で体を動かせませんが、さまざまな情報を取り入れています。手遊びでたくさん手を動かすことは脳を刺激し、乳児の心身の成長を促します。ここでは、2〜4ヶ月にぴったりの手遊び歌を2曲ご紹介します。

あたまかたひざぽん


赤ちゃんを膝や床に寝かせながらできる手遊び歌です。歌詞に合わせてママやパパが子供の体や顔のパーツに触れてあげましょう。親子のスキンシップを取ることができます。また、体や顔の触れた部分を刺激してあげることも可能です。「頭、肩、膝」を「肩、胸、肘」へと体の部位を変えたり、歌のテンポを変えたりとアレンジするのもおすすめです。

きゅうりができた


きゅうりを調理していく様子を表現する手遊び歌です。赤ちゃんをきゅうりに見立て、歌詞に合わせて脚を動かしたり、体をさすったり、切る真似をしたりとさまざまな動きをします。乳児の全身に触れられるので、体を刺激してあげることができます。

5〜7ヶ月向けの簡単手遊び

寝返りが始まり、おすわりもだんだん上手になる時期です。手遊びも寝転がった状態ではなく、親の膝に座ってできるようになります。ここでは、5〜7ヶ月の乳児にぴったりの手遊び歌を2曲ご紹介します。

一本橋こちょこちょ


親が人差し指を使って子供の腕や体をくすぐったり、叩いたり、つねったりする手遊びです。さまざまな動作で赤ちゃんを刺激してあげることができます。「二本橋」や「三本橋」として指の数を増やして行うのも良いでしょう。

何度も繰り返して遊ぶうちに、赤ちゃんは「階段のぼって」の後にくすぐってもらえることが分かるようになり、くすぐる前に笑うようになるかもしれません。

うまはとしとし


馬に乗っている様子を表現する手遊び歌です。大人の膝に赤ちゃんを座らせ、膝を上下に揺らして遊びます。赤ちゃんが膝から落ちないように、両脇をしっかりと支えて行いましょう。最後に「ドスン」と言って、膝の間から赤ちゃんを優しく落としてあげます。歌詞の「のりてさん」のところには子供の名前を入れて歌ってあげると喜ばれるでしょう。