東洋大学の著名な卒業生まとめ!知ってる有名人は何人いる?

東洋大学はテレビや新聞などで名前の挙がる著名な卒業生を数多く輩出しています。芸能人、スポーツ選手など第一線で活躍するたくさんの著名人を輩出しており、特に有名なお笑い芸人は多数います。ここではスポーツ界、芸能界、そのほか各界で活躍する卒業生についてご紹介します。

スポーツ界で活躍している有名人

桐生祥秀

1995年12月15日生まれ滋賀県出身の陸上選手。高校生のときに当時のジュニア世界記録に並ぶ、10.01秒を記録しました。2014年に東洋大学法学部企業法学科に入学し、2016年にリオデジャネイロオリンピックの世界陸上男子4×100mリレーに第3走者として出場し、銅メダルを獲得しています。2017年には、日本学生選手権の男子100m決勝戦で日本人初の9秒台となる9.98秒を記録しました。大学卒業後は日本生命に所属しています。

萩野公介

栃木県出身の競泳選手。2012年のロンドン五輪の競泳男子400m個人メドレーで銅メダルを獲得しました。2013年には日本選手権で史上初の5冠を達成しています。世界選手権では、男子400m自由形で日本新記録を樹立し銀メダルを獲得しました。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、400m個人メドレーの金メダルを獲得しました。

設楽悠太

1991年12月18日に双子の弟として生まれた埼玉県出身の陸上選手です。東洋大学経済学部に入学し、2015年には世界陸上競技選手権北京大会に出場して23位という結果を残しました。また2016年の日本選手権では3位となり、リオデジャネイロオリンピックでは29位でした。2017年のウスティ・ハーフマラソンで8位となり、ハーフマラソンの日本記録を保持しています。

村田諒太

奈良県奈良市出身のプロボクサーです。高校卒業後、東洋大学経営学部に入学し、2004年には全日本選手権で優勝しました。2012年のロンドンオリンピックでミドル級で優勝し、日本人初の金メダルを獲得しています。2017年にはWBA世界ミドル級王者になりました。

1 2 3