専修大学の偏差値はいくつ?学部別の難易度レベルや学費についても解説

専修大学は社会への「報恩奉仕」できる、「質実剛健・誠実力行」な人材を育てる学校です。この記事では、学部・各学部の試験別の偏差値やセンター試験得点率、専修大学のキャンパス情報、専修大学出身の有名人、専修大学に近い偏差値の大学についてご紹介していきます。専修大学を志望されている方には必見の情報が満載です。

専修大学の偏差値・学部

専修大学は学生数が1万9,000人以上在学。7学部の17学科で構成されています。それぞれの学科で偏差値は大きく異なってきます。ここでは、学部の概要、学科・センター試験での得点率、試験方法別の偏差値などをご紹介します。

まずは学部ごとの偏差値やセンター得点率を紹介します。

学部 センター得点率[%] 偏差値
経済学部 80~88 52.5~57.5
法学部 82~90 50.0~62.5
経営学部 83~84 50.0~55.0
商学部 79~89 52.5~57.5
文学部 78~84 52.5~57.5
人間科学部 80~85 55.0~60.0
ネットワーク情報学部 70~80 47.5~52.5

参考
専修大学|パスナビ

法学部

専修大学法学部の偏差値一覧を以下に示します。

学科 センター得点率[%] 偏差値
法律学科 74 52.5
政治学科 74 52.5

法律学科

視野と発想力を鍛えることでリーガルマインドを醸成して、新たな社会をつくる法の専門家の輩出することを目指しています。2年生から将来なりたい職業に合わせて、3コースから1つを選ぶことで、専門的な知識を学ぶことができます。将来的には、法律の専門家や企業の法務部門、公務員など幅広い進路に対応しています。

政治学科

人材の育成を重視しており、学びやすくするために少人数制の講義を取り入れたり、法学部と同様に、学生自身が3つのコースの中から興味のあることを選び、深い専門知識を学ぶことができます。

経営学部

専修大学経営学部の偏差値一覧を以下に示します。

学科 センター得点率[%] 偏差値
経営学科 73 52.5

経営学科

「企業経営の実態を理解し、今の時代の経営を志す人材を育てる」ことを目的として、組織の目標を達成したり価値を高めたりすることで組織をうまくマネジメントする人材の育成を目指しています。企業の顧客満足度や利益を上げるために必要な知識だけでなく実践を通じた技能を学ぶことができます。

商学部

専修大学商学部の偏差値一覧を以下に示します。

学科 センター得点率[%] 偏差値
マーケティング学科 74 50.0
会計学科 72 52.5

マーケティング学科

卒業後も見据えて理論と実践の両方の観点から学ぶことができます。4つのコースがあり、自分がやりたいことを学ぶことが可能。どのコースを受講しても「変化を先取りするビジネスパーソン」の育成に力を入れているため、時代を先取りした卒業生を輩出しています。

会計学科

将来なりたい職業になるために適した4つの履修モデルがあり、そのコースを受講することで専門的な知識や技能を身につけることができます。専修大学からは優れた会計士や税理士を多数輩出しています。

文学部

専修大学文学部の偏差値一覧を以下に示します。

学科 センター得点率[%] 偏差値
日本語学科 75 52.5
日本文学文化学科 77 52.5
英語英米文学科 75 52.5
哲学科 75 50.0
歴史学科 74 50.0
環境地理学科 71 47.5
人文・ジャーナリズム学科 70 52.5

日本語学科

現代の日本語を学問的または理論的に学ぶだけでなく、古文から現代語や世代や地域による日本語などを理解することができます。また、実際のコミュニケーションなどを通して実践的なことを学ぶことができます。

日本文学文化学科

日本の文学表現文化を幅広く学ぶことを目的とした学科。また、海外交流を通じてお互いの文化を共有することで知識では得ることができない経験や体験ができるのが特徴です。

英語英米文学科

英語の文法や読解などの英語力だけでなく、海外生活をするために必要な文学や文化なども学ぶことができます。本当の英語力を身につけるために、4ヶ月ほどの短期留学を学生が気軽にできるカリキュラムを組めるようになっています。

哲学科

哲学の考え方を学び、自分で哲学について考えて言葉で相手に伝えられるようにし、社会でも通じる人材を輩出しています。また、日本の哲学だけでなく、海外の哲学も学ぶことができるため、幅広い知識と教養を身につけることができます。

歴史学科

歴史を覚えるだけではなく、理解することを大切にしています。実習室では、事典や参考書籍、資料そのものを多数収蔵しており、学生の学びも進んでいるようです。2年生からは日本史だけでなく海外の歴史の考古学・古代・近代などさまざまなジャンルから関心のあるテーマを選んでゼミ形式で学ぶことができます。

環境地理学科

森林破壊や異常気象、自然災害などの自然環境と都市の過密や農村の過疎、文化景観の破壊などの社会環境の両面を学ぶことできるカリキュラムを用意。知恵や知識だけでなく実際に現場を調査して結果を突き止めるための、考え抜く現場力が身につきます。

人文・ジャーナリズム学科

多様性と幅広い教養である「人文」と自分の言葉で他者と対話する力である「ジャーナリズム」を身につけることで、社会問題に対する問題意識を高めていきます。3つのコースがあり、日本だけでなく世界の問題まで関心を持てるようなカリキュラムが組まれていることが特徴と言えるでしょう。

ネットワーク情報学部

専修大学ネットワーク情報学部の偏差値一覧を以下に示します。

学科 センター得点率[%] 偏差値
ネットワーク情報学科 74 47.5

ネットワーク情報学科

ITを駆使してさまざまな問題を解決していく高度な技術力を学ぶことができます。専門的な技術力と複合させることで社会で通用する人材を輩出しています。

人間科学部

専修大学人間科学部の偏差値一覧を以下に示します。

学科 センター得点率[%] 偏差値
心理学科 83 55.0
社会学科 80 52.5

心理学科では、基礎心理学と臨床心理学の両方がカリキュラムに組み込まれているため、広い視野で心理学を学ぶことができます。また、専門的な知識だけでなく、実験や実習など実践的な講義や研究も組み込まれています。

社会学科では、社会を多面的にとらえて自分で疑問を持ち、現場を調査して相手に伝える能力を身に付けるための学科。「文化・システム系」、「生活・福祉系」、「地域・エリアスタディーズ系」の3つの学習領域が用意されていてより専門的な分野を学ぶことができます。

経済学部

専修大学経済学部の偏差値一覧を以下に示します。

学科 センター得点率[%] 偏差値
経済学科 72 52.5
国際経済学科 71 50.0

経済学科

人と仕組みを理解することで経済の本質について学んでいきます。最初は基礎的な知識を得て理解を深め、2年次以降からは4つのコースに分かれて専門的な知識や考え方の幅を広げていきます。

国際経済学科

世界の国際問題や先進国と発展途上国の現状などさまざまな科目があるため幅広く国際社会について理解することができます。また、留学プログラムも用意されているため知識だけではなく現地に行って学びながら4年間で卒業できるカリキュラムになっているのが特徴と言えるでしょう。