専修大学の著名な卒業生まとめ!知ってる有名人は何人いる?

専修大学の卒業生には、さまざまな分野で活躍する著名人が多くいます。特にスポーツ業界で活躍されている方の人数は群を抜いているのが大きな特徴。さまざまなスポーツで、卒業生がプロとして活躍し、大きな結果を残しています。野球、サッカー、 ボクシング、ゴルフ、相撲、バスケットボール、バレー、またスケートでオリンピックに出場するような選手もたくさん輩出しています。

今回はそんな専修大学の著名人をピックアップしてご紹介します 。

スポーツ界で活躍している有名人

黒田 博樹

1975年2月10日生まれ、大阪出身の元プロ野球選手です。1996年にドラフト逆指名2位で広島東洋カープに入団しました。2007年にはロサンゼルス・ロジャースと契約し、カープ初の日本人メジャーリーガーとなりました。

黒田さんが残した結果は目覚ましく、日本人投手で初めて NPB/ MLB 通算先発勝利数のみで200勝を達成しています。2016年にプロ野球選手を惜しまれながら引退し、現在は野球解説者として活躍しています。

山中 慎介

元プロボクサーの山中慎介さんは、もともとは野球に打ち込んでいましたが、辰吉丈一郎選手に憧れ、ボクシングを始めました。大学4年生のときの国体で不本意な結果を残し、プロ入りしてボクシングを続けることを決め、2006年にプロデビューしました。

第65代日本バンタム級王座、WBC世界バンタム級王座、リングマガジン世界バンタム級王座などを獲得する活躍ぶりでした。2018年4月に引退しました。

長州力

山口県出身のプロレスラー。大学卒業まではレスリング部に所属していて、1973年には 全日本学生選手権でフリースタイルとグレコローマンの100kg級で優勝しました。大学卒業後スカウトされ新日本プロレスへ入団しています。

IWGPヘビー級王座を3回、IWGPタッグ王座を3回、WWFインターナショナル・ヘビー級王座を1回獲得する活躍ぶりです。2018年12月28日に東京・後楽園ホールで引退試合が開催されることが決まりました。

秋山準

1969年生まれ、大阪府出身のプロレスラーです。高校時代にレスリングを始め、大学でもレスリング部に在籍しました。大学4年次にプロレスラーとしてスカウトを受け、入団しました。現在は全日本プロレス運営会社「オールジャパン・プロレスリング株式会社」、有限会社アキヤマ・インターナショナル・コミュニケーションの代表取締役社長を務め、実業家としても成功を収めています。

堀井学

堀井学さんは、北海道生まれの元スピードスケート選手。現在は北海道議会議員として、政治活動もされています。小学校4年生からスピードスケートを始めました。1994年リレハンメルオリンピック500メートルで銅メダルを獲得しています。また、1996年のワールドカップでは1000メートルで世界記録を樹立するなど実績ある選手です。

2002年のソルトレークシティオリンピックを最後に現役を引退、その後、2007年に北海道議会議員選挙に出馬し、当選。政界入りを果たしています。

馳浩

1961年生まれ、富山県出身の元プロレスラーで、現在は自由民主党に所属し政治家として活動しています。1984年のロサンゼルスオリンピック代表を経てプロレスラーとして活躍したのち、1995年に政界に入りました。プロレスラーは2006年に引退し、現在は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問会議顧問を務めています。

藤田寛之

1969年生まれ、福岡県出身のプロゴルファーです。高校1年でゴルフを始め、大学時代にプロゴルファーになりました。卒業後は葛城GCに所属。2012年には史上初の日本シリーズ3連覇を含む年間4勝を成し遂げました。最優秀選手賞も2度獲得しています。

芸能界で活躍している有名人

大沢たかお

専修大学在学中にスカウトされモデル活動を開始しました。パリ・コレクションにも参加するなどの成功を収めていましたが、1992年に俳優に転身、活躍の幅をさらに広げます。2005年には映画「解夏」で第28回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しています。同年にハリウッドデビューも果たしています。

2009年に始まり出演した連続ドラマ「JIN-仁-」シリーズは、その当時のドラマ史上でまれに見る最高視聴率25%をマークしました。

仲村トオル

1965年東京で生まれた仲村トオルさんは、1985年の映画「ビー・バップ・ハイスクール」の主演オーディションに合格し映画主演デビューを果たしました。同作で第10回日本アカデミー賞新人賞を受賞しています。その後も「あぶない刑事」シリーズなど人気作にに出演し続け、現在でも数々の映画、TVドラマ、舞台、ナレーション等で活躍中です。

加藤ローサ

1985年生まれ、神奈川県出身のモデル・女優。父親がイタリア人、母親が日本人のハーフで、2004年からNHK教育テレビ「イタリア語会話」に出演し、タレントとしての活動を始めました。2005年の女優デビュー以降、2006年には2クールのテレビドラマに連続出演するなど精力的に活動を続けていました。2011年にはプロサッカー選手である松井大輔さんと結婚、出産を機に活動を休止しましたが、2014年に活動を再開しています。

小堺 一機

小堺一機さんは、千葉県出身のお笑いタレント。専修大学在学中の1977年、TBSのテレビ番組の「素人コメディアン道場」で第17代チャンピオンとなり、芸能界入りを果たしました。大学卒業後は、勝新太郎主宰の「勝アカデミー」を経て、浅井企画に所属しました。

事務所の先輩である関根勤さんとコンビを組み、「コサキン」として活動を始めました。1984年にフジテレビのテレビ番組「ライオンのいただきます」に司会者として大抜擢され、それ以来お昼の顔と言われるようになりました。

ヒデ(ペナルティ)

1971年4月7日生まれ千葉県出身のよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属するお笑い芸人で、お笑いコンビ「ペナルティ」のツッコミを担当しています。
子供の頃からサッカーをしており、高校はサッカーの強豪校船橋市立船橋高等学校に入学。専修大学卒業後はプロサッカークラブからスカウトを受けるも、現在もコンビを組んでいるワッキーさんと共にお笑いの道へ進みました。テレビや舞台出演のほか、2009年には「しゃぶしゃぶ秀久」を開店しています。

なすび

なすび(本名:浜津智明)さんは、1975年生まれの俳優・タレントで、法学部を卒業しています。
2002年に劇団を立ち上げ舞台を中心に活動していましたが、2005年に出演したテレビドラマ「電車男」をきっかけに活動の幅を広げました。日本テレビ系列「進め!電波少年」での活躍を覚えている方も多いでしょう。

モロ師岡

モロ師岡さんは、1959年生まれ千葉県出身の俳優。商学部在学中に劇団現代に入団し、俳優活動の傍らコメディアンとしての活動も開始しました。1996年に出演した北野武監督作品「キッズ・リターン」では、東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞しました。その後も名脇役として数々のテレビドラマや映画、舞台に出演しています。

永島敏行

1956年生まれ、千葉県出身。文学部の卒業生で、1977年に映画「ドカベン」で俳優デビューしました。以後、俳優として活躍する傍ら、農業コンサルトとしても活動しており、2013年には秋田県立大学の客員教授に就任しました。

野村祐希

野村祐希さんは1994年生まれ、東京都出身の俳優。専修大学商学部マーケティング学科を卒業。父親は俳優の野村将希さん、兄はロアッソ熊本に所属するサッカー選手の野村政孝さんです。

大学1年生から大学を卒業するまでの16年間サッカーを続けており、大学4年次の2016年のスポーツバラエティ番組では準優勝しています。俳優業だけでなく、「行列のできる法律相談所」や「踊る!さんま御殿!!」などのバラエティ番組に出演しています。

中退して活躍している有名人

ワッキー(ペナルティ)

ワッキー(本名:脇田寧人)さんは1972年7月5日生まれ、北海道出身のお笑い芸人で、お笑いコンビ「ペナルティ」のボケを担当しています。
先述したコンビであるヒデさんと同じく、子供の頃からサッカーをしており、高校はサッカーの強豪校船橋市立船橋高等学校に入学。大学入学後もサッカー部に入りプロ入りを目指しましたが、膝をけがしてしまい、その夢を断念しました。また、そのけがをきっかけに大学も中退しています。
その後大学時代の先輩だったヒデさんに誘われ1994年に「ペナルティ」を結成。現在はスポーツ特番などにも活躍の場を広げています。

小野正利

1967年生まれ、東京都出身のミュージシャン。法学部を中退しています。
1980年代からバンド活動を開始し、1992年にソニーレコードより「ピュアになれ」でソロデビューを果たしました。同年、フジテレビ系ドラマ「君のためにできること」の主題歌である「You’re the Only…」が大ヒットし、第34回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞、紅白歌合戦に出場しました。

ダイアモンド★ユカイ

1962年3月12日生まれ東京都出身のサンミュージック・サウンドミッションに所属するロックミュージシャン。

1986年にロックバンドRED WARRIORSのボーカルとしてデビューをしました。1990年にはソロデビューも果たしています。音楽活動以外にも、俳優としてハリウッド映画に出演したり本を出版したり、幅広く活躍されています。自身の無精子症を本で告白しており、長い不妊治療を続け現在は3児の父親です。

そのほか、各界で活躍している有名人

東国原英夫

1957年9月16日生まれ、宮崎県出身の政治評論家、タレントです。元政治家で宮崎県知事をしていたこともあります。もともとはビートたけしさんに弟子入りして、1982年にビートたけしさんの付き人になりました。そのまんま東と言う名前でタレント活動をしていました。

2007年にタレントから転身して、宮崎県知事に就任しました。任期満了後、衆議院議員に立候補し当選もしています。現在は政治から一線引いて、テレビ番組に評論家・コメンテーターとして出演したり、タレントとして出演したり、テレビで活躍されています。

荒木哲郎

埼玉県出身のアニメーション監督。大学を卒業後アニメ制作会社に入社し、入社2年目にして早くも演出家デビューしています。2005年には監督としてデビューし、2013年には「Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2013」で監督賞を受賞しています。近年の監督作品には「進撃の巨人」があり、一躍知られた存在になりました。

雫井脩介

1968年生まれ、愛知県出身の小説家です。文学部を卒業後は出版社に勤務していましたが、1999年に「栄光一途」で第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞、2000年にこの作品でデビューしました。「ビター・ブラッド」はテレビドラマ化、「検察側の罪人」や「クローズド・ノート」は映画化もされています。

上田まりえ

1986年9月29日生まれ鳥取県出身のマルチタレントで、元日本テレビアナウンサーです。小学生のときに放送委員に入ったことをきっかけにアナウンサーを目指します。2009年に日本テレビ放送網にアナウンサーとして入社しました。日本テレビ所属時代は「Oha!4 NEWS LIVE」のメインキャスターなどで活躍。2016年に日本テレビを退社し、同年に松竹芸能に所属し、マルチタレントに転向しました。
2017年には社会人野球選手の竹内大助さんと入籍しています。

内山晃

内山晃さんは1954年生まれ、千葉県出身の社会保険労務士です。また国会議員や総務大臣政務官など政治家としても活躍していました。

年金個人相談数は6000人の実績があり、全国各地の社会保険労務士会では講師を務めています。国会においても「年金の内山」として活躍し、マスコミや報道企画でアドバイザーを務めていました。

水沢里美

水沢里美さんは1984年生まれ、北海道出身の元音楽アーティスト。代表曲「夏祭り」で有名なガールズバンド「Whiteberry」のキーボード担当です。1990年代から2000年代はじめにかけて活動していました。

2004年にバンドが解散。その後趣味であったパソコン技術を活かすため、専修大学ネット情報学部に進学しています。

まとめ

専修大学の著名人の中でも一部の方をご紹介してきました。いろいろな道で活躍されている方が多くて驚いたのでないでしょうか?2020年には東京オリンピックがありますので、芸能界ももちろんですが、スポーツ業界で名をあげる人が専修大学からたくさん現れるのではと期待しています。今後も卒業生、在学生から目が離せません。

参考
卒業生の皆様 | 専修大学
専修大学出身の有名人 | みんなの大学情報
専修大学出身の有名人ずらり【専大】 | NAVER まとめ
専修大学の人物一覧 | Wikipedia
【専修大学の学部・学科】偏差値やキャンパス、著名な卒業生を紹介!|Studyplus
専修大学出身有名人 | 有名人の出身大学ランキング
専修大学の評判 | 大学の評判【unista!】

この記事をかいた人

Rie Kato

ライター歴5年・・・まだまだ勉強中のママさんライター。専門学校生と小学生の男の子の育児真っ最中! 保険・転職・子育て・ビジネスマナーなど経験を基にしたジャンルを得意とする。インタビュー記事が書けるようなライターになるのが目標。