子供にとっての「生きる力」とは?教育内容はどう変化していくのか

子供にとっての「生きる力」とは?教育内容はどう変化していくのか

学校教育の基本方針の中には、子供の「生きる力」を養うための土台となる教育作りが盛り込まれています。子供が個性を生かして将来社会で活躍していくためには、子供の教育内容はこの先どう変化するべきなのでしょうか。

当記事では、子供にとっての「生きる力」の定義や、海外と日本との違い、教育現場で行われている「生きる力」の教育法について紹介します。

子供にとっての「生きる力」とは?

教育現場での指針となる「学習指導要領」では、子供の生きる力を育むことの大切さについて記載されていますが、ここでいう子供にとっての「生きる力」とはどのような意味を持ち、生きる力が重要とされる背景にはいったい何があるのでしょうか。まずは、生きる力の基本的な考え方について紹介します。

生きる力の定義

子供の生きる力の定義として、白梅学園短期大学で保育学について研究を重ねる講師である源証香の資料に、以下のような記述があります。

中央教育審議会(1996)において,「生きる力」をスローガンとした教育の基本的方向が定められた。「生きる力」とは,自分で課題を見つけ,自ら学び,自ら考え,主体的に判断し,行動し,よりよく問題を解決する能力のことであり,自らを律しつつ,他人と協調し,他人を思いやる心や感動する心など豊かな人間性とたくましく生きるための健康や体力と定義付けられている。教育のねらいは,変化の激しいこれからの社会を生き抜く力を育てることにあり,社会の変化に的確かつ迅速に対応する教育が必要であることが述べられている

(引用元:乳幼児期に培われる「生きる力」に関する研究|白梅学園大学・短期大学紀要

生きる力とは、子供自らが学び、課題を見つけ、問題を解決していく能力のことを指しており、これからますます変化を遂げていく社会の中で、子供たちがいかに自発的に生きていくことができるか、その基盤となる能力を養うことこそが子供の生きる力を育む教育だと言われています。

生きる力が重要になった背景

小学校では2020年から英語が必修科目となったり、パソコン操作の授業を導入するなど、学校教育における教育内容も常に変化しています。そんな中、文部科科学省が掲げる学習指導要領の基本的考え方として、以下のような記述があります。

「生きる力」=知・徳・体のバランスのとれた力
変化の激しいこれからの社会を生きるために、確かな学力、豊かな心、健やかな体の知・徳・体をバランスよく育てることが大切です。

(引用元:現行学習指導要領の基本的な考え方|文部科学省

生きる力が重要になった背景としては、動向の見えない社会に対応するために、子供の教育内容を一新する動きが高まったことが挙げられます。これからの時代にはどのような能力が必要で、どのように自分の能力を高めていくかを子供自身が考え、実行していくことが求められます。子供を持つ親にとっても、子供の成長を見守る忍耐力が求められています。

学習指導要領の改訂について

幼稚園の教育理念である「幼稚園教育要領」や、小中学校の「学習指導要領」は改訂を重ねていますが、現在の学習指導要領においては、以下の3つが基本的な考え方となります。

  • 教育基本法改正等で明確になった教育の理念を踏まえ、「生きる力」を育成
  • 知識・技能の習得と思考力・判断力・表現力等の育成のバランスを重視
  • 授業時数を増加道徳教育や体育などの充実により、豊かな心や健やかな体を育成

(引用元:幼稚園教育要領、小・中学校学習指導要領等の改訂のポイント|文部科学省

具体的な内容としては、授業数を増やしたり、伝統や文化教育の充実、外国語教育の導入が挙げられます。小中学校だけでなく、未就学児が通う幼稚園でも、新しい学習指導要領により、子供の生きる力を養う教育が実施されつつあります。