【広島県の中学受験】入試日程・偏差値・倍率を一覧表で早わかり! ( 3 )

注目の広島県内の難関校

広島県内の中学校のなかで、特に難易度の高い学校を紹介します。

広島大学附属中学校

県内トップクラスの難関国立中学校です。2003年に文部科学省から「SSH(スーパーサイエンスハイスクール)」の指定を受け、科学教育を重視しています。また、1953年から「ユネスコ・スクール」に加盟しており、世界寺子屋運動のための募金やアフリカに靴を送るといった活動に取り組んでいます。

参考

附属中学校・高等学校 | 広島大学

広島学院中学校

倍率2.27倍と人気の、カトリック系の男子校です。高校入試が実施されておらず、入学は中学からのみという特徴があります。「ILP」という他者を思いやる教育を重んじており、中学・高校の6年間で実施されるさまざまな実習の中で「どう生きるか」を考えます。

参考

トップ|広島学院中学校・高等学校 

広島大学附属福山中学校

広島大学附属中学校と同じく、広島大学附属の国立校です。中高一貫校としての結びつきが強く、高校1年生を「4年生」と呼んだり、部活動や学校行事を中高一緒に行うという特徴があります。また、文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)」として指定されており、国際教育に力を注いでいます。

参考

広大附属福山

注目の広島県内の新設校

広島県内の中学校のなかで、新しくできた学校について紹介します。

広島県立広島叡智学園中学校

瀬戸内海の中心に浮かぶ大崎上島に、2019年開校した全寮制の県立校です。技術の授業で動画作成をしたり、国語の授業でディスカッションを取り入れたりと、新設校ならではの新しい取り組みが行われています。

参考

教育内容|広島県立広島叡智学園 中学校・高等学校

広島国際学院中学校

創立から90年以上の歴史がある広島国際学院高等学校が、2019年に中等部を開校しました。大学受験・英語・プログラミング・体験学習を柱とした教育で、「グローバル教養人」の育成に力を注いでいます。また、中学生のうちから大学訪問や職業研究を行い、生徒自身で自分の将来を考える機会を設けています。

参考

国際学院の学び | 広島国際学院中学校 公式ホームページ

広島県にある中学受験対応の学習塾

広島県にある中学受験対応の学習塾は、広島市内に集中しており、市外からでは通いづらいという難点があります。そこで、まずは広いエリアで教室を展開している学習塾を探し、子供が家から通いやすい場所に教室があるかチェックすることをおすすめします。

「毎日個別塾 5-Days(ファイブ・デイズ)」は、県内に57校も教室を展開している大型の個別指導塾です。広島市、安芸群、廿日市市、福山市、三原市に教室があり、集団指導塾との併用も可能です。

大手学習塾「四谷大塚」の学習プログラムを導入している集団指導塾「田中学習会」は、広島市、尾道市、安芸群、廿日市市、福山市、東広島市、呉市、府中市と、広島県内の広いエリアをカバーしています。

参考

毎日個別塾 5-Days

広島県で学ぶ|田中学習会

おわりに

首都圏と比べると、学校数も学習塾も少ない広島県。選択肢が限られているからこそ、さまざまな角度からじっくりと比較検討し、お子さんに合った中学校を選んではいかがでしょうか。

参考

令和元年度 学校基本調査 | 文部科学省

広島県内私立の中学校 | 広島県教育委員会

広島県内国立の中学校 | 広島県教育委員会

この記事をかいた人

長ひかり

長ひかり

1989年5月26日生まれ、神奈川県在住のWebライター。 幼い頃から、楽しいことを見つけてもすぐに疲れて辞めてしまう「心の息切れ」に悩む。 「誰もが等身大の自分を受け入れて、楽しく生きられる世の中を作りたい」という思いから、教育やキャリアに関心を持つ。 ライターとしての活動を通して「持続する情熱の育て方」を探求中。
Twitterアカウントはこちら