手取り26万円の生活はどうなる?家賃の目安や月々の貯金額など解説

手取り26万円というと、年収はいくらくらいになるのでしょうか。また、手取り26万円で一人暮らしをするとしたら、どのような生活になるのでしょうか。月々どのくらい貯金ができると思いますか? 当記事では、手取り26万円の月々の生活費の内訳などをご紹介します。

おすすめ転職サイトはこちら 公式
DYM就職
・学歴や経歴に不安があっても大丈夫!
・経験豊富なキャリアアドバイザーが内定まで徹底サポート!
・無料で応募書類の添削から面接対策まで対応!
リクルートエージェント
・転職支援実績NO1!
リクナビNEXTから求人を探すことも可能!
doda
・転職者満足度NO1!
・優良大手企業もズラリ!!
ビズリーチ
・年収600万以上のハイクラス求人が多数!
・優良企業やヘッドハンターからスカウトが届く
ミイダス
・精度の高い市場価値診断!
・専用アプリでスマートに就活を!

手取り26万円の額面金額と年収は?

「額面金額」とは、各種税金や社会保険料を控除する前の総支給額のことです。それに対して「手取り」とは、額面金額から税金や社会保険料が差し引かれた、実際に銀行に振り込まれる額のことを指します。それでは、手取り26万円の額面金額や控除の内訳などについて見ていきましょう。

年収の目安は400万円前後

一般的に、額面金額の75〜85%が手取りの額と言われています。この割合で計算すると、手取り26万円の年収は、ボーナスなしで約400万円となります。一般的なボーナスは年収の15%程度と言われていますので、ボーナスが支給される場合は年収460万円くらいになります。

控除される金額は?

額面金額から控除されるものの内訳の目安は、以下のとおりです。

控除 割合の目安 手取り26万円の場合の月額の目安
健康保険料 10% 33,000円
厚生年金保険 1.7% 6,000円
雇用保険 0.3% 1,000円
所得税 5%* 7,000円
住民税 10%* 14,000円

*収入から各種控除を引いた所得税課税対象額に対する割合です。

参考

平成31年4月分(5月納付分)からの健康保険・厚生年金保険の保険料額表|全国健康保険協会

No.2260所得税の税率|国税庁

パートが雇用保険に加入するメリットとは?【社労士監修】|ミドルシニアマガジン

住民税、健康保険、年金などの割合が多く、手取り26万円の場合、月々の控除額はおよそ8万円前後が一般的のようです。

手取り26万円で一人暮らしはできる?

それでは、手取り26万円で一人暮らしをした場合の生活費の内訳や、実際にどのような生活が営めるのかを見ていきましょう。

一人暮らしの家賃の目安は?

理想の家賃の目安は、手取りの30%と言われています。これで計算すると、手取り26万円の理想の家賃は7万8千円となります。次で触れる一人暮らしの生活費の内訳から考えても、手取りの30%の家賃で余裕のある生活が営めると言えるでしょう。

ただし、この「30%」は一律には理想の家賃とは言えず、手取りが少ないほど30%では割合が高くなりすぎるため、金額をもっと下げる必要が出てきます。

一人暮らしの生活費の内訳

総務省が発表した「家計調査(2018年)」および東京都の家賃相場情報をもとに、一人暮らしにかかる生活費とその内訳をまとめてました。

食費 40,000円
家賃 78,000円
水道光熱費 12,000円
衣類・日用品 20,000円
保険・医療費 7,000円
交通・通信費 12,000円
交際・娯楽費 34,000円
貯金 57,000円
合計 260,000円

この内訳で生活した場合、手取り26万円で毎月5万円程度の貯金が可能になります。1年間このペースで貯金できれば、年間およそ60万円は月給のみで貯蓄ができるということになります。

参考

<用途分類>1世帯当たり1ヶ月の収入と支 出単身世帯・勤労者世帯・勤労者世帯以外の世帯・無職世帯|e-Stat

東京都の家賃相場情報|賃貸住宅D-room