【月収手取り28万円】世帯タイプ別の家計簿事情と節約術とは?

月収の手取り・28万円という人は、日々どのような生活とお金の使い方をしているのでしょうか。参考までに他人のお金のやりくりを知りたいという人もいることでしょう。こちらの記事では、手取りで28万円の家計簿事情だけでなく、節約術に関することなどに触れていきましょう。

おすすめ転職サイトはこちら 公式
DYM就職
・学歴や経歴に不安があっても大丈夫!
・経験豊富なキャリアアドバイザーが内定まで徹底サポート!
・無料で応募書類の添削から面接対策まで対応!
リクルートエージェント
・転職支援実績NO1!
リクナビNEXTから求人を探すことも可能!
doda
・転職者満足度NO1!
・優良大手企業もズラリ!!
ビズリーチ
・年収600万以上のハイクラス求人が多数!
・優良企業やヘッドハンターからスカウトが届く
ミイダス
・精度の高い市場価値診断!
・専用アプリでスマートに就活を!

日本の平均年収とは?

国税庁発表の「平成30年分民間給与実態統計調査結果」によると、日本の平均年収は、441万円という結果となりました。

また、勤務形態別の年収に関しては、正規504万円、非正規179万円。数字でも分かるように正規と非正規の平均年収に開きがあります。

参考

平成30年分 民間給与実態統計調査結果について|国税庁

平成30年分 民間給与実態統計調査|国税庁

月収手取り28万円の額面および年収

給与は、社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)や住民税、雇用保険などが天引きされます。

例えば、月収手取り28万円の場合、額面と年収はだいたいどのような金額なのでしょうか。

以下のとおり、概算の金額を記しています。

  • 額面:およそ32万6千円
  • 年収:およそ504万円(※ボーナス年2回6ヶ月分の場合)

参考

手取り25万、26万、27万、28万、29万円の給料年収を解説!|給料BANK

30歳で月収手取り28万円の家計簿例

こちらの章では、「30歳」「月収手取り28万円」という軸での家計簿例を世帯タイプ別にご紹介をしていきましょう。

独身、一人暮らし

独身で一人暮らしであれば、自由になるお金が必然的に多くなります。しかも貯金も集中的にできるので、将来の備えとして頑張って貯めるのもおすすめです。

収入 給与手取り 28万円
固定費 家賃 8万円
通信費 1万円
光熱費 1万円
変動費 食費 5万円
交際費 2万円
趣味 2万円
服および日用品など 3万円
貯金 6万円

手取り28万・額面36.5万の生活!年収・貯金に家賃、住宅ローン、一人暮らし・夫婦・子供2人の家計簿まで|キャリアオタクより筆者作成)

夫婦、2人暮らし

夫婦2人暮らしの世帯だと、通信費や光熱費がアップします。そして、食費も少し上がります。

なお、以下の額面に関しては、夫または妻のどちらかが28万円であることを想定して、記載しています。

収入 給与手取り 28万円
固定費 家賃 8万円
通信費 1.5万円
光熱費 1.5万円
変動費 食費 6万円
交際費 2万円
趣味 2万円
服および日用品など 3万円
貯金 4万円

手取り28万・額面36.5万の生活!年収・貯金に家賃、住宅ローン、一人暮らし・夫婦・子供2人の家計簿まで|キャリアオタクより筆者作成)

子供あり、3人暮らし

30歳となると、お子さんが誕生するというケースもあるかと思います。

特に3歳以降は習い事を始めるというケースもよく聞く話。教育費などの負担する金額が増えるので、貯金できる金額が必然的に減ります。

収入 給与手取り 28万円
固定費 家賃 8万円
通信費 1.5万円
光熱費 1.5万円
変動費 食費 7万円
交際費および小遣い 2万円
教育費 2万円
趣味 1万円
服および日用品など 2万円
貯金 2万円

手取り28万・額面36.5万の生活!年収・貯金に家賃、住宅ローン、一人暮らし・夫婦・子供2人の家計簿まで|キャリアオタクより筆者作成)