行政書士になるためのおすすめ通信講座5選!独学での勉強法も紹介

行政手続きなどを行う専門家「行政書士」になるためには、行政書士の資格を取得する必要があります。行政書士の資格は独学で勉強する方法もありますが、通信講座を利用する方も多いといいます。今回は、行政書士になるためのおすすめの通信講座や、通信講座を選ぶ際の注意点についてご紹介します。

行政書士・通信講座を選ぶ際の注意点

行政書士の通信講座といっても、さまざまな種類があります。その中でどのようなポイントに注意して通信講座を選べばいいのでしょうか。通信講座は基本的には自宅で学習することが多く、CDやDVDなどを通して学校と同じように講義を受けるカリキュラムが組まれています。

CDは外出中でも聞くことができるメリットがあります。DVDは教室で行われる講義をただ流すというタイプではなく、通信講座用に分かりやすく説明されているものがいいでしょう。中にはハイビジョン撮影の講義が収録されているDVDもあり、学習効果のアップが期待できます。

また、テキストの分かりやすさ、eラーニングの学習の有無なども1つのポイントとなります。さらに、通信講座のデメリットを解消するためにも、質問できるサポート体制が整った通信講座を選ぶのがいいでしょう。

行政書士になるためのおすすめ通信講座5選

それでは、行政書士を目指している方におすすめの通信講座を5つご紹介します。講座によって受講料・講義時間数・使用テキスト・合格実績・サポート体制など、特徴が異なるため、自分に合う通信講座を選ぶようにしましょう。

フォーサイト

行政書士通信講座の中でも最も人気が高いのが、「フォーサイト」です。行政書士のほかにも社会保険労務士やマンション管理士など、さまざまな通信講座が開講されています。行政書士通信講座の講師を担当するのは、高い合格率を生み出している福澤繁樹講師です。講義は通信講座向けにハイビジョンカメラで撮影されており、画面では重要なポイントに分かりやすくマーカーを引きながら講義が進みます。

2018年の合格率は、全国平均の2.94倍という実績を上げています。テキストや講義DVD、eラーニングなどの教材が含まれた「単科講座 基礎講座 2020年試験対策合格コース」は46,800円から。基礎講座にプラスして過去問や直前対策講座などの教材がセットになったお得な料金コースもあります。高い合格率と実績を誇る通信講座であり、サポート体制も整っているため、安心して利用することができる通信講座です
参考
行政書士の通信教育・通信講座ならフォーサイト

スタディング

スマートフォンで学ぶことができ、さらに低価格で質の高い授業を受けられるのが、オンライン資格講座「スタディング」です。スタディングは、KIYOラーニングが運営する通信講座で、スマートフォンやタブレット、パソコンを使って空いた時間に効率よく勉強することができます。講義動画はもちろん、過去問や記述式対策などのすべての学習内容がスマートフォンなどで利用することが可能です。

特徴は価格をおさえた受講料で、ITを活用した革新的な学習システムや運営システムを開発し、運営コストを大幅に削減しているため、初学者向けのコースが59,800円、中級・上級者向けの演習問題を中心としたコースが29,800円となっています。無料講座や無料セミナーなどもあるため、まずは気軽に試してみることもできます。ただし、サポート体制については設けられていないため、スマートフォンで場所を選ばず効率的に勉強したいという方におすすめの講座といえるでしょう。

参考
行政書士講座 – スマホで学べる通信講座で資格を取得|スタディング

アガルートアカデミー

アガルートアカデミーは2015年1月に開校した、比較的新しいオンライン資格予備校です。300時間以上の講義が提供されているため、勉強時間が確保できてじっくりと学習したい方におすすめの通信講座です。サポート体制はFacebookグループによって講師が質問に答える体制となっており、講義動画はオンラインで配信される学習形態となっています。また、合格特典として合格お祝い金3万円、支払金額全額返金といったサービスも行っており、モチベーションアップの効果も期待できます。

2018年度行政書士試験における受講生の合格率は46.7%と高い合格率を誇っているのが最大の特徴です。受講料は、入門総合カリキュラムが98,000円、演習総合カリキュラムが128,000円と、やや高い料金設定となっています。

参考
行政書士試験の通信講座・予備校/スクール|アガルートアカデミー