販売職で働きたい!採用される職務経歴書の書き方と例文をご紹介

販売職とは、店舗で商品を販売する職業です。どの業界の販売職に就くかによって必要となる知識やスキルは異なりますが、「販売」を行うのに求められる基礎的なビジネススキルは「接客力」「マネジメント力」「販売力」の3つです。当記事では、それら3つのビジネススキルを踏まえて、販売職で採用されるための職務経歴書の書き方と例文をご紹介します。

販売職に企業が求める3つのビジネススキル

まずは、販売職の主な仕事内容を見てみましょう。

【販売職の主な仕事内容】

  • 店舗:販売スタッフ
    • 接客
    • レジ打ち
    • 商品の品出し
    • 在庫管理
    • 店舗内のレイアウト決め など
  • 店舗:店長・支店長・マネージャー・スーパーバイザーなど
    • スタッフのシフト管理
    • 売上管理、予算管理
    • オペレーション業務
    • クレーム対応
    • 本社への報告
    • 新商品の研修会
    • 商品の買い付け など
  • 本社勤務
    • 商品の生産管理
    • 商品の仕入れ
    • 店舗開発
    • 広報
    • 通販サイトの管理 など

参考

販売職の仕事内容、やりがい、未経験からなるには|type

勤める企業や店舗によっては、販売スタッフと店長・支店長の垣根がない場合もあります。また、役職やキャリアアップについても企業や店舗によって異なるため、志望する職場がある場合は事前に調べ、どんな業務に就きたいのかを明確にしておきましょう。

それでは、販売職に求められるビジネススキルを見ていきましょう。

【接客力】顧客との間の取り方に長けているか

接客力とは、顧客に「この人から商品を買いたい」と思わせる力です。販売職は勤務場所に関わらず、顧客と直接コミュニケーションを取って商品を取り引きする機会が多い職業です。

しかし、一口に接客力といっても、取り扱う商材の種類・数や店舗の立地などによって客層が異なります。例えば、高額な1点物を取り扱う場合は1対1のていねいな対応が必要ですし、安価で多品目を取り扱う場合はマルチタスクでこなす必要があります。

そのため、志望する企業の業種や商材によって異なる顧客層の視点に合わせることや、顧客との距離間を適度に保ちながら接することが大切になります。

【マネジメント力】経営資源を総合的に管理できるか

マネジメント力とは、ヒト・モノ・カネという経営資源全体を使って企業の成果を上げるための総合的な経営管理能力のことです。そのため、販売職の中でも、店舗や企業全体の運営業務に携わる場合に求められるビジネススキルとなっています。

販売職では、店舗・営業部門の規模や従業員数、立地、取り扱う商材、資本金などが経営資源となります。それらを上手に使いこなして売上を上げたり、市場シェアを拡大することなどで企業成果を上げることが求められます。

【販売力】サービスの提案などのビジネス感覚があるか

販売力とは、顧客に商品を売るための営業や提案を行ったり、顧客のニーズにより具体的に応えて売上を伸ばす力のことです。販売職は商品を売ることを主たる目的とする職業なので、売上目標を達成することに対して強い責任感が求められます。