和光大学の偏差値はどのくらい?自由の精神と実践的なカリキュラム!概要など気になる情報も一緒に紹介

和光大学は、創立以来、学生の個性を尊重し、主体的に学ぶ環境を提供しています。また、社会人になったときに役立つような、現場で学ぶ実習が多い点も和光大学の特長の一つです。今回は、和光大学の概要やカリキュラム、偏差値などの情報をご紹介していきます。

和光大学の概要と歴史

和光大学は、学校法人和光学園が運営する総合大学であり、東京都町田市に位置しています。1966年に創立し、当時は人文学部と経済学部の2学部でしたが、2000年に表現学部が増設されました。今日までに、学部名の変更や学科の再編成が何度かされています。

大学のコンセプトは「学生たちの主体的な自由の発揮」であり、それはすなわち「知的探求を行う自由」です。卒業するまでに、学生たちが掲げた目標を実現できるよう尽力しています。

参考
和光大学の教育方針|和光大学

和光大学の各学部・学科の偏差値とカリキュラム

和光大学の各学部・学科の偏差値とカリキュラムに関しては、大学を選ぶ上で忘れずに確認したい項目です。この章では、各学部と学科に関する情報をご紹介していきます。

現代人間学部

現代人間学部は、人間の心・身体・社会のさまざまな「つながり」を学ぶ学部です。心理学・教育学・環境科学などの幅広いカリキュラムが設けられているのが特徴です。学部には、心理教育学科・現代社会学科・人間科学科(旧身体環境共生学科)の3学科があります。

参考
現代人間学部 現代人間学部の特色|和光大学

心理教育学科

  • 偏差値:43~46

心理教育学科は、心理学専修・子ども教育専修・保育コースに分かれてカリキュラムを展開しています。ほかにも、国家資格・公認心理士に対応したカリキュラムを展開しているのが特徴です。教育職・スクールカウンセラー・企業で働く人たちの支援などにおいて活躍できる人材を育成しています。

参考
現代人間学部 心理教育学科 TOP|和光大学

現代社会学科

  • 偏差値:44~45

現代社会学科は、多様化している現代社会の分野を中心に社会学を中心とした学びを展開。異なる文化の共生のこと、格差や差別などを考える授業も行っているのが特徴です。ほかにも、国内外に出向いて現地で起きている社会問題に触れるフィールドワークも学科のメインカリキュラムとして挙げられます。

参考
現代人間学部 現代社会学科 学科の特色|和光大学

人間科学科(旧身体環境共生学科)

  • 偏差値:40~42

人間科学科は、身体・環境・生活の3つの分野を軸とした学びを通して、「共生」についてあらゆる角度から考えられるよう尽力しています。地域の人たちとの協働による現場体験型のフィールドワークも充実しているのが特徴です。

参考
現代人間学部 人間科学科 カリキュラム|和光大学