国立大学の学費はいくら?進学先ごとの総額や公立との違いについて

「国立大学の学費は安い」と当然のようにいわれていますが、現在の授業料がいくらなのかご存じでしょうか。平成の初めごろと比較すると、実は年額で20万円近く値上がりしています。また、最近は標準額に上乗せした授業料を設定する大学も現れました。安いとはいってもそれなりの出費になってしまう国立大学の学費について詳しく解説します。

国立大学の授業料一覧

まずは国立大学の授業料を一覧で見てみましょう。一言で国立と言っても専攻科や別科では授業料が変わることもありますし、独自に授業料を定めている大学もあります。子供の志望校はどうなっているか、今一度確認してみましょう。

政令によって定められている授業料

国立大学に進学する際にかかる費用のうち、授業料・入学金・検定料(入試費用)は政令によって定められています。一覧で確認してみましょう。

種類 年間授業料 入学金 検定料
大学の学部(昼) 535,800円 282,000円 17,000円
大学の学部(夜) 267,900円 141,000円 10,000円
大学院 535,800円 282,000円 30,000円
法科大学院 804,000円 282,000円 30,000円
大学の別科 音楽別科 535,800円 84,600円 9,800円
養護教諭特別別科 273,900円 58,400円 8,300円
その他の別科 390,000円 84,600円 9,800円
大学の専攻科 特別支援教育特別専攻科 273,900円 58,400円 16,500円
その他の専攻科 535,800円 169,200円 18,000円
乗船実習科 267,900円 169,200円 18,000円
理療科教員養成施設(大学の教育研究施設であって、特別支援学校の理療の教科の教授を担任する教員の養成を目的とするものをいう。) 36,000円 12,000円 5,000円
短期大学の学科(専攻科を含む。) 390,000円 169,200円 18,000円

国立大学等の授業料その他の費用に関する省令|電子政府の総合窓口e-Govより筆者作成)

学部を卒業した後に進学できる別科や専攻科などは細かく分かれているのでやや見づらいですが、4年制大学は授業料・入学金・検定料が一律で決まっているのが分かります。また、医学部や薬学部などの6年制学部も授業料は同額です。

ただし、これはすべての大学に当てはまるわけではありません。2019年現在では東京藝術大学や東京工業大学などが年間授業料を10万円ほど増額しています。また、千葉大学も2020年度からの増額を予定しています。

参考

千葉大、授業料10万円値上げ 全員を留学させる費用に|朝日新聞デジタル

学部・専攻ごとに学費の総額をチェック

続いては大学4年間での学費総額を確認しましょう。ここでは入学金と授業料をまとめて「学費」と呼びますが、大学によって教科書代・施設使用料・実習費などが追加実費としてかかってくることがありますのでご了承ください。

4年制大学(昼間・夜間)

学費(授業料+入学金)総額(単位:円
4年制大学(昼) ¥2,425,200
4年制大学(夜) ¥1,212,600

国立大学等の授業料その他の費用に関する省令|電子政府の総合窓口e-Govより筆者作成)

働きながら大学に通う人を受け入れる夜間大学は学費が安いですが、開設している大学が少なく学科が限られるので注意が必要です。また、上記でご紹介した千葉大学のように、今後は学費値上げに踏み切る国立大学が増加することが予測されます。この表は「だいたいこのくらい」という目安にはなりますが、志望校の学費は進学前にきちんと個別に確認するようにしてください。

医学部・薬学部・獣医学部など6年制学部

学費(授業料+入学金)総額(単位:円)
6年制大学(昼) ¥3,496,800

国立大学等の授業料その他の費用に関する省令|電子政府の総合窓口e-Govより筆者作成)

現在の日本では、大学の学部のうち医学部・歯学部・獣医学部・薬学部の修業年限は6年間となっています。これらの大学は純粋に授業料が1.5倍かかりますので注意しましょう。

芸術大学など割高な学部

学費(授業料+入学金)総額(単位:円)
東京藝術大学 ¥2,910,240
東京工業大学 ¥2,823,600

国立大学等の授業料その他の費用に関する省令|電子政府の総合窓口e-Govより筆者作成)

授業料を値上げしている大学として参考に東京藝術大学と東京工業大学を挙げました。現在では一部の国立大学にとどまっていますが、2020年度の千葉大学も含めこれから値上げに踏み切る大学は増えてくることが予想されます。

参考

授業料|東京藝術大学

入学料・その他諸経費|美術学部・美術研究科|東京藝術大学

授業料等の額及び納付方法|学費・奨学金|在学生の方|東京工業大学 

大学院修士課程(博士課程前期)

学費(授業料+入学金)総額(単位:円)
修士課程(2年間) ¥1,353,600
学部からの合算 ¥3,778,800

国立大学等の授業料その他の費用に関する省令|電子政府の総合窓口e-Govより筆者作成)

学部卒業後に進学できる修士課程(博士課程前期)は修業年限が2年間です。卒業したところと同じ大学の修士課程に進むときも入学金が発生しますので注意しましょう。

大学院博士課程(博士課程後期)

学費(授業料+入学金)総額(単位:円)
博士課程(3年間) ¥1,889,400
修士からの合算 ¥3,243,000
学部からの合算 ¥5,668,200

国立大学等の授業料その他の費用に関する省令|電子政府の総合窓口e-Govより筆者作成)

博士課程(博士課程後期)の修業年限は3年間です。博士課程の場合は修業年限を超えて在籍する学生も少なくないので、予算はさらに余裕を持って見ておくことが必要です。修士課程から進学する際にもう一度入学金が必要になる大学がほとんどです。

短期大学

学費(授業料+入学金)総額(単位:円)
短期大学 ¥949,200

国立大学等の授業料その他の費用に関する省令|電子政府の総合窓口e-Govより筆者作成)

短期大学は授業料・入学金が4年制大学より安くなっています。そのため2年間でも総額100万円足らずという学費になっています。