心理カウンセラーになるには?年収や必要資格、就職先を詳しく解説 ( 3 )



心理カウンセラーになるためのルート

(参照元:心理カウンセラーとは|Benesse マナビジョン

「心理カウンセラー」と名が付く資格はなく、心理カウンセラーは公認心理師、臨床心理士、産業カウンセラーなどの資格を取得して活動します。

心理カウンセラーになるためには、心理系の学部や学科のある大学を卒業することが近道になります。心理学部、教育学部、臨床心理学科、社会福祉学科など、学校によって学部や学科に違いがあるので、取得したい資格を取るための要件を満たす学校を選ぶといいでしょう。

心理カウンセラーの年収・平均給与

心理カウンセラーの年収や給与は、働く先によって異なります。一般的な平均年収は300〜500万円ほどと言われており、時給は1,500〜5,000円とされています。経験豊富で公認心理師や臨床心理士の資格を保有し、著書の執筆や講演も開く人は収入が高いといえるでしょう。心理カウンセラーは常勤ではなく非常勤で働いている人が多く、複数の職場をかけ持ちしている場合がほとんどです。

まとめ

資格を持っていても非正規雇用が多く、働き方が不安定な面がある心理カウンセラーですが、近年そのニーズは高まりつつあり、「公認心理師」という国家資格もでき、社会的な立場や収入面でのアップが期待できます。もし子供が心理カウンセラーを目指しているのであれば、必要なスキルを身につけ、常に学びの姿勢を持てるように応援してあげましょう。

参考

心理カウンセラーとは|Benesse マナビジョン

心理カウンセラーになるには|BrushUP学び

心理カウンセラーになるために必要な資格とは? | 通信講座・通信教育のたのまな

心理カウンセラーになるには | 大学・専門学校の【スタディサプリ 進路】

この記事をかいた人

Yukiko Žilinskas

男の子2人のママライター。EQと共感力を高める子育て、非暴力コミュニケーション(NVC)に興味があり勉強&実践中。教育や子育てに関する情報をママ目線でお届けします。