添削は必須?落ちない小論文対策に使えるサービスと選ぶポイント

子供の受験を控え、小論文の添削の必要性を考えている親も多いのではないでしょうか? 特に大学の試験は小論文の結果に左右されることも少なくなく、子供の文章力が求められます。小論文の対策には添削が必須で、添削者を選ぶのも重要なことです。親は子供のためになる添削サービスを厳選する必要があります。

添削前に行える小論文対策

小論文対策に添削は必須ですが、その前にやっておくべきことがいくつかあります。仮に理想のサービスに出会えたとしても、土台が出来上がっていない状態では、成果になるまでの時間が長くなりがちです。添削サービスを依頼する前に、すでに合格している先輩方の小論文の分析、志望する大学の出題傾向の分析、小論文の作成に必要な知識の習得の3つは行っておきましょう。

すでに合格した先輩方の小論文を分析する

小論文対策において、添削の前に行っておくべきことの1つ目がすでに合格した先輩型の小論文を分析することです。小論文の添削には、構成や正しい日本語表現などの細かい点を指摘されるというイメージがつきものですが、実は最初に型を教え込まれます。

添削を始めた段階で、起承転結などの構成ができていない場合には、「なぜ、その大学を受験したいのか?」などの土台を作り直す作業からスタートすることになります。その分結果になるまでの時間が長くなるため、小論文の添削を受ける前にすでに合格した先輩方の小論文を分析すべきなのです。

志望する大学の出題傾向を分析する

志望する大学の出題傾向を分析することも、添削の効果をいち早く実感するために有効な手段です。小論文には子供の文章力が求められますが、それと同じくらい出題傾向の分析は重要です。志望する大学の教えがどのようなものなのかを理解することで、毎年出題される問題の意図を見つけ出すことができます。その意図が分かれば、主張すべきことが自然に見えてくるはずです。

小論文の作成に必要な知識を身につける

小論文の添削サービスを利用する前にしておくべきことの3つ目が、小論文の作成に必要な知識を身につけることです。大学受験で出題される小論文は基本的な学力があれば、書き上げられるレベルに定められています。しかし、一部の有名大学では、旬なニュースを題材として扱うことがあり、学校で教わる勉強とは違った対策が必要となります。そのため、志望する大学の小論文に出題される傾向を知り、作成に必要な知識を身につけるという2つのステップが必要となるのです。