経営学部の志望理由の例文を紹介!親が理解しておくべきこととは?

文系の学生に人気のある経営学部ですが、進学する学生はどのような志望理由を持っているのでしょうか? 志望理由は、「推薦入試やAO入試を受けない学生には無関係」というイメージを持つ人もいますが、実はそうではありません。経営学部に進学した後の学生生活を実りのあるものにするためには、進学前に志望理由を考えるという作業が非常に大切です。また、子供の将来を考える親も子供と一緒に将来を考えてみることをおすすめします。

経営学部の志望理由の例文を紹介!親が理解しておくべきことは?

まずは経営学部への進学に必要な、説得力のある例文を紹介します。

「私は公認会計士として、社会に貢献したいと考えており、◯◯大学経営学部を志望させていただきました。私は高校在学中に日商簿記を学び、財務諸表が企業にとってどれだけ大切かという実感を得ました。多くの経営者が安定した収益を上げられることは、従業員を守ることでもあるため、◯◯大学経営学部で公認会計士になるためのマーケティングの知識を身につけたいと考えております。」

「私の父が税理士をしており、日常的にその仕事を見ていたことが◯◯大学経営学部を志望したきっかけです。地元の中小企業や自営業者の記帳代行や税務申告、さらに事業計画のアドバイスをしている姿に憧れ、私も税理士を目指したいと考えるようになりました。多くの自営業者を救える税理士になるために、◯◯大学経営学部で知識を身につけたいと考えております。」

「私が◯◯大学経営学部を志望した理由は、社会で活躍するための実践的な知識を身につけたいと考えたためです。貴学で学ぶことができる企業やビジネスの事例に通じる経営知識や、経営者を招いてたゼミでは実践的な知識を身につけるためのまたとない機会だと思います。マーケティングの知識を企業の経営に活用するためにも、◯◯大学経営学部を志望いたします。」

いざ、志望理由を書こうと思うとなかなか進まないという経験をする学生も少なくないため、自分で書き始める前に例文をいくつか確認することをおすすめします。また、子供に経営学部への志望理由を作成する際の型を教えるのも、親が理解しておくべきポイントと言えます。

1 2 3