商学部の志望理由の書き方とは?参考になる例文とあわせてご紹介 ( 3 )

落ちないコツがある?商学部に進学するための志望動機の書き方


学生の中でも「推薦入試やAO入試で商学部に進学することが決まっている」という学生は、落ちないためのコツを知っておきましょう。高校からの推薦をもらったのにもかかわらず、いざ志望動機を作成しようとすると、思ったより書けないということも少なくありません。学生だけでなく、その親が知っておくことで子供がスムーズに、説得力のある志望動機を作成することができるでしょう。

商学部に進学した先輩の志望動機を分析する

落ちない志望動機を作成するためのコツの1つ目が、「商学部に進学した先輩の志望動機を分析すること」です。先ほど紹介したような、先輩方の例文を数多く分析することで、落ちない法則を見つけ出すことができます。ひたすら努力するよりも、まずは型やルールを知ることが落ちない志望動機を書き上げるコツです。

商学部に興味をもったオリジナルのストーリーをつくる

多くの大学の推薦入試やAO入試では、学生の個性を確認するために志望動機の提出が求められます。そのため、商学部に進学した先輩の志望動機を分析した後は、オリジナルのストーリーに書き換える作業が必要です。志望動機の確認は面接で行われることが多いため、その後の質問に柔軟に対応するという観点からも、自分だけのストーリーを書き上げる意識を持ちましょう。

学校や予備校の先生に添削してもらう

落ちない志望動機を書き上げるための最後のコツが、「学校や予備校の先生に添削してもらう」というものです。志望動機は基本的に自分のイメージを主張するためのものですが、相手に伝わる文章になっていることも重要なポイントと言えます。学生の個性とともに伝える技術を確認している大学もあるため、志望理由を第三者である学校や予備校の先生に添削してもらうことは、非常に重要と言えます。

親がサポート!商学部に進学するための志望動機の書き方を理解しよう

商学部に進学するのは学生自身ですが、将来のイメージづくりをしてあげるのが親の役目と言えます。商学部に進学する際の志望動機の多くは、「将来やりたいことや取得したい資格から逆算する考え方」が求められますが、社会経験の少ない子供はなかなかそのイメージを作り上げることができません。そのために、今回紹介したような商学部で身に付けることや、学科ごとの違いを親が正しく理解し、サポートしてあげるという姿勢が求められるのです。

参考リンク

商学部の志望理由を考える│進路のミカタ
商学部で学ぶこと、学科、志望理由、就職先│CareerGarden
商学部の志望理由【例文2つとその書き方】│ライフハック進学
商学部への志望理由・志望動機の例│志望理由・志望動機の例!(大学推薦入試対策)
商学部とは│名古屋商科大学

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。