商学部の志望理由の書き方とは?参考になる例文とあわせてご紹介 ( 2 )

志望動機を書く前に知っておくべき商学部の知識

商学部への進学を実現した先輩方の例文からイメージをふくらませることができたら、次は商学部の知識を集めていきましょう。文系の学部にもさまざまな学部がありますが、「商学部ではどんなことを身に付けられるのか」、「どんな資格を取得できるのか」といった知識がなければ、せっかくの学生生活が水の泡になってしまうこともあります。商学部へ進学する際の志望動機を作成する際には、学生だけでなくその親も、商学部に関する知識を身につけておくことをおすすめします。

そもそも商学部はどんなことを学ぶ学部か

商学部で身に付けられる知識は、次のように定義づけられています。

商学とは、マーケティングの仕組み、企業の会計、およびファイナンス等について研究する学問を指します。商学の歴史は古く、1904年という説(経営学部は1949年が国内初)があるくらいです。商学の歴史はともかく、商学とは、マーケティング、販売、流通、広告、簿記、会計、税金といった言葉は誰もが聞いたことがあるかと思いますが、商い(あきない)、換言すれば、ビジネスに関わる実践的な学問といえます。

(引用元:商学部とは│名古屋商科大学

職業によって知識の活用方法はさまざまですが、商学部は企業が生き抜くための方法を追求する学問です。

商学部のなかでも学科によって得られるものが違う

同じ商学部でも学科によって得られるものが違うという点も、志望動機をつくり始める前に理解しておくことをおすすめします。大学によって名称はまちまちですが、商学部の代表的な学科は、経済学科やマーケティング学科、会計学科の3つです。「企業の経営判断に携わりたいというイメージをもっていたにもかかわらず、会計学科に進んでしまう」といったミスマッチを防ぐためにも、できるだけ早い段階で学科ごとの特徴を把握しておきましょう。

商学部の将来性や取得できる資格

「将来やりたいのために商学部に進学する」という学生や、「やりたいことをさせたい」と考える親は、将来性や取得できる資格も知っておきましょう。大学の商学部では、日商簿記や公認会計士、税理士、中小企業診断士などの資格を取得することができます。また、その資格をもっておくことで、将来の仕事も明確になってくるため、志望動機を作成する前のイメージが重要になるのです。