商学部の志望理由の書き方とは?参考になる例文とあわせてご紹介

企業と消費者の間にあるビジネスを学ぶ商学部は、文系の学生やその親からの関心が高い学部です。進学後にはさまざまな資格の取得を目指すことができ、就職先も幅広いところから選択できるという点に、たくさんの方が魅力を感じています。ただし、商学部での学生生活を実りあるものにするためには、志望動機が必要不可欠です。この記事では、推薦入試やAO入試を控えている学生だけでなく、その親に向けて、志望動機を作成する際に落ちないコツを解説します。

商学部に進学できた志望動機の例文3つを解説

まずは、すでに商学部への進学を果たした先輩方の志望動機を解説します。志望動機を明確にする前に例文を把握することで、「どんなことを伝えればいいのか」を具体的にイメージすることができるはずです。

【例文1】商学部に興味をもったきっかけを伝える

商学部へ進学した先輩方の志望動機のテーマが、「商学部に興味を持ったきっかけ」を伝えるというものです。以下のような文章に仕上げることで、商学部でどのようなことを実現したいのかを伝えることができます。

<例文>

「私が商学部を志望するようになったきっかけはアルバイトです。私はコンビニでの業務の中で、売り切れがお客様に残念な思いをさせてしまう経験をしました。また、在庫が余ることも経営に打撃になることも知っていたため、そこでマーケティングのおもしろみに気付くことができました。私は、商学部での研究を通じて、その知識を多くの企業のために活用したいと考えております」

【例文2】商学部と将来のつながりからやりたいことを伝える

「特に将来のイメージができている」という学生には、次のような志望動機がおすすめです。

<例文>

「私は商学部を経て、公認会計士の資格を取り、コンサルタント活動を行いたいと考えております。特に、日本の伝統文化は、グローバルな視点で非常に価値のあるものだと感じており、その価値を継承するためにマーケティングの知識が必要不可欠だと思います。そのために、商学部で会計や経営管理などの専門知識を学びたいと考えております」

【例文3】大学独自の商学部の取り組みの魅力を伝える

すでに商学部に進学した先輩方の中には、「大学独自の商学部の取り組みに魅力を感じた」という方もいます。そして、その好奇心を次のような例文で表現しています。

「私は貴学の商学部で行っている、企業との共同開発に参加したいと考えたため、志望させていただきました。数ある大学の中でも学生のうちにこれほどリアルな経験の機会を提供している学部はなく、実践的なマーケティングの知識を身につけられるのではないかと考えております。実践の場で多くのことを吸収し、世の中ののためになれる社会人になりたいと思います」

1 2 3