経済学部へ編入するためにクリアすべき3つのハードルとその方法 ( 3 )

経済学部に編入できる主な大学5選

全国的に知名度の高い次のような5つの大学でも、経済学部への編入試験を設けています。

  • 早稲田大学 政治経済学部
  • 慶應義塾大学 経済学部
  • 横浜国立大学 経済学部
  • 東北大学 経済学部
  • 中央大学 経済学部

「高校3年生の受験では思うような力が発揮できなかった」「大学に進学してから経済学に興味があることが分かった」などのきっかけはそれぞれですが、就職率や取り組みに魅力のある大学でも編入試験の機会を提供しているため、挑戦してみる価値があると言えるでしょう。

まとめ:経済学部への編入は情報収集とスケジュールがカギ

将来の仕事や就職先を考える子供やその親にとって、経済学部への編入は大きなチャンスと言っても過言ではありません。少ない科目で受験できる、公立大学と私立大学への対策が変わらないといったメリットがあり、正しい情報とスケジュール管理さえ行えれば、ハードルはさほど高くないとされています。大学1年生からの対策でも、十分に自分の将来を変えられるような大学に編入することができるでしょう。

参考
経済学部”の編入試験はどんなレベル?効果的な勉強方法も解説!│アキラボ
編入の志望校の決定と難易度│College transfer
『編入学に失敗しないための7つのポイント~これを読むまで、試験を受けないでください!』│少人数・個別指導博礼塾
【学歴ロンダ】国公立大学に簡単に入れる?大学編入試験とは | しゅう丸ブログ

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。