親の教えが重要?経済学部の志望理由作成に活用できる2つの方法

推薦入試やAO入試など面接の場面では、志望理由が合否を分ける重要なポイントとなります。しかし、高校を卒業する時期に、1人で経済学部に進学する理由を考えられる子供は多くないでしょう。そこで当記事では、悩める親や子に向けて志望理由の作成に活用できる2つの方法を解説します。

経済学部の志望理由に活用できる2つの方法

親が理解しておくべき経済学部の志望理由を考える方法は、「将来の夢から逆算して書くこと」と「経済学部の独自性から書くこと」の2つです。

子供の個性によっては、この2つの方法を使わずに経済学部に進学する志望理由を書き上げることもできますが、多くの高校生が活用している方法として理解しておくことをおすすめします。

将来の夢から志望理由を書く方法

「経済学部を卒業し、どんな大人になりたいか」というテーマを設けて、将来の夢から逆算することで、自然に志望理由を作成することができます。この方法は、特に子供が経済学部で身につけることや将来の職業に関心の高い親におすすめです。

また、「志望理由は、推薦入試やAO入試などの面接の場面でしか使わない」と思われがちですが、大学進学前に将来を見とおすことは非常に重要なことです。

経済学部を卒業して、どのような大人になりたいかをイメージすることで、学んでおくべきことを明確にすることができるため、子供の学生生活を充実したものにできるでしょう。

経済学部の独自性から志望理由を書く方法

親が理解しておくべき志望理由の作り方の2点目が、経済学部の独自性から志望理由を書く方法です。この方法は「ほかの学部にはないカリキュラムで子供の個性を伸ばしたい」と願う親におすすめです。

なんとなく経済学部に進学するという学生が多い一方で、「子供が主体的に大学の情報を調べるようになる」というメリットがこの方法には秘められています。学ぶ姿勢を身につけさせながら、子供の個性を伸ばす機会を与えられるのが、経済学部の独自性から志望理由を書く方法と言えます。