日本学生支援機構奨学金は大学院で利用できる?返還免除制度も紹介

子供が大学院へ進学したいと希望している場合、「大学では奨学金を借りたけど、大学院はどうなの?」と気になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、大学院生が借りられる奨学金の種類や、日本学生支援機構の奨学金を利用する方法、また借りた奨学金の返還が免除される制度などもご紹介します。

大学院生が借りられる奨学金の種類

大学院生が借りることができる奨学金にはどのような種類があるのでしょうか?

日本学生支援機構の奨学金

大学時代も借りている人が多いのではないかと思いますが、独立行政法人日本学生支援機構の奨学金は大学院生でも利用することができます。もちろん大学の時に利用した時と同じように、家計の状況などにもよりますが、第一種と第二種の2種類があり、毎月奨学金が振り込まれる形で利用することができます。

借りられる金額や申し込みの基準などは大学院生用に設定してあるため、確認して利用することをおすすめします。

民間の奨学金

民間の団体で奨学金が利用できる団体は国内に数多く存在しています。一般財団法人トヨタ女性技術者育成基金は、理系学部の大学1年の女子学生に対し、在学中に必要な資金を指定の金融機関から借り入れした場合、その利息分について給付を行ってくれます。また条件を満たした場合には元金の全額または一部を給付する「返済免除制度」もあります。探すのは大変ですが、民間の奨学金で利用できるものがないかどうか探してみてください。

大学院独自の奨学金

ぜひ確認したいのが、大学院独自の奨学金が利用できるかどうかです。お茶の水女子大学では、大学独自の奨学金として大学院生が利用できる奨学金が、実に11種類用意されています。もちろん利用するための条件があるので、全てを利用できるとは限りません。しかしお茶の水女子大学の大学院へ進学を考えている人は、ぜひ利用ができるかチェックしたいところです。