東海大学の著名な卒業生まとめ!知ってる有名人は何人いる?

志望大学を調べる際、その大学を卒業した人がどのような活躍をしているのかという点は気になるもの。学部や学科は異なっても、同じキャンパスで教育を受けた卒業生の活躍は嬉しく感じられます。

当記事では、日本屈指のマンモス大学である東海大学の著名な卒業生についてご紹介します。多くの卒業生が活躍しているのですべては紹介できませんが、ピックアップしていきます。

スポーツ界で活躍している有名人

東海大学の卒業生の中には、スポーツ界で活躍する人がたくさんいます。野球・バレーボール・サッカー・バスケットボール・柔道など、実に多くの競技で全日本代表やプロの選手を輩出しています。

永里優季

永里優季は非常に有名なサッカー選手です。なでしこJAPANのエースストライカーとして、華やかな活躍をしています。2012年のロンドンオリンピック準優勝、2015年のFIFA女子ワールドカップ準優勝に貢献した選手としても知られています。2017年からはシカゴのレッドスターズというクラブチームに所属しています。

井上康生

井上康生は柔道家で、現在は柔道日本代表の監督として活躍しています。2000年のシドニーオリンピックで初の金メダルを獲得し、2004年のアテネオリンピックでは日本選手団の主将として参加しています。

2013年8月には国際柔道連盟の殿堂入りを果たし、その後2015年4月に東海大学体育学部准教授に昇格しています。

原辰徳

原辰徳は1980年代から1990年代の中盤にかけて、読売ジャイアンツの4番バッターを務めていました。入団から12年連続で本塁打20本以上の記録は、人々の記憶に残る素晴らしい活躍の証です。

2009年にはワールド・ベースボール・クラシック日本代表の監督を務め、世界一に導いた功績もあります。2019年のシーズンからは新たに読売ジャイアンツの監督に就任しています。