大東亜帝国とは?各大学の偏差値や就職率、特徴をご紹介

これを読めば大東亜帝国がよくわかる!ランクや偏差値、序列、就職について解説

大東亜帝国」は日本のある5大学を示していますが、どの大学かご存知でしょうか? 偏差値や就職情報など、受験生なら気になることでしょう。そこで今回は、大東亜帝国の基本的な情報をはじめ、その他大学群など、受験生が知っておきたい大東亜帝国の特色について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

「大東亜帝国」とは?

大東亜帝国について

大東亜帝国とは、東京都にある以下の私立大学5校の頭文字を並べたものです。

  • 大=大東文化大学
  • 東=東海大学
  • 亜=亜細亜大学
  • 帝=帝京大学
  • 国=国士舘大学

このような大学群の呼称は、1980年代に登場した受験用語の一つです。難易度や偏差値が同等の大学を一括りにすることで、大学のレベルが分かりやすくなることから誕生しました。

大東亜帝国の偏差値・難易度ランクの一覧

ここからは、大東亜帝国の概要と偏差値を紹介していきます。偏差値とは、テストや模擬試験などの結果をもとに、自分がその集団の中でどの辺りに位置するのかを表した数値のことです。大東亜帝国の偏差値は35〜55とされており、学部や学科によっても大きく異なります。

大東文化大学

1923年(大正12年)に創設された大東文化大学は、東京都板橋区高島平にある私立総合大学です。現在は8学部19学科を擁し、文系の学部を中心としています。偏差値は38〜48となっています。

こちらの大学の魅力は、図書館の施設・設備が整っているところでしょう。在学生の図書館利用率は、全国第4位となっています。パソコンコーナーをはじめ、グループ学習室や個人ブースなどがあり、学習に集中しやすい環境が魅力で、9割以上の学生が「入学してよかった」という大学です。

学部別偏差値

文芸部 45〜50
経済学部 47〜50
外国語学部 40〜47
法学部 47〜50
国際関係学部 47〜50
経営学部 47
スポーツ・健康科学部 45〜50

大東文化大学の偏差値レベルは?難易度や大学の特徴・学費も紹介

東海大学

東海大学は、東京都渋谷区富ヶ谷に本部を構える私立総合大学です。学部は全20学部、学科にいたっては全75学科もあり、多種多様な分野を学ぶことができます。キャンパスは北は北海道から南は九州まで、全8キャンパスを擁しているマンモス校です。

東海大学の偏差値は35〜65となっており、学部によって差があります。偏差値が一番高い学部は、医学部医学科で65です。

東海大学はスポーツの分野で強く、さまざまな競技で好成績を納めています。特にサッカー、野球、陸上は有名で、プロのスポーツ選手も数多く輩出しています。

学部別偏差値

文芸部 45〜50
政治経済学部 47〜50
経営学部 40〜42
法学部 42〜47
文化社会学部 42〜50
国際文化学部 37〜42
観光学部 47〜48
情報通信学部 42〜45
理学部 42〜48
情報理工学部 42〜45
生物学部 42〜45
教養学部 42〜50
工学部 35〜45
体育学部 45〜53
医学部 53〜65
健康科学部 42~45
海洋学部 37〜52
農学部 38〜43

東海大学の偏差値レベルは?難易度や学費・大学の特徴についても解説

亜細亜大学

2016年に創立75周年を迎えた亜細亜大学は、東京都武蔵野市境にある私立総合大学です。5学部7学科を擁し、名称のとおりアジアを中心に世界各国で活躍し、時代の要請に応えられる人材の育成に努めています。外国語教育にも力を入れており、14ヶ国語の授業を開講しています。国際社会で活躍したい学生にとっては、魅力的なカリキュラムの整った大学です。

学部別偏差値

経営学部 43〜50
経済学部 45〜48
法学部 45〜48
国際関係学部 45〜50

亜細亜大学の偏差値レベルは?難易度や大学の特徴・学についても解説

帝京大学

帝京大学は、東京都板橋区加賀にある私立総合大学です。10学部を有し、そのうち3学部7学科が医療系の分野となっています。大学には医学部付属病院が隣接しており、学生のうちから「チーム医療」を実践し、体験することができます。他学部の専門領域を学び合うことで、実際の現場で活きる実践力を養えるのが魅力です。

学部別偏差値

医学部 65〜68
薬学部 48
経済学部 35〜43
法学部 43
文学部 40〜45
外国語学部 38〜45
教育学部 40〜43
理工学部 38〜40
医療技術学部 38〜50
福岡医療技術学部 35〜43

帝京大学の偏差値レベルは?難易度や学費・就職情報を解説!

国士舘大学

国士舘大学は、1917年に創設された私立総合大学で、東京都世田谷区世田谷にあります。8学部を擁し、24の学科、学系、専攻による多彩な分野での学習が可能です。少人数制教育を行っており、親身に教えてもらえる環境が整っています。教員と学生との距離が近いので、コミュニケーションが取りやすいのも魅力です。

学部別偏差値

政経学部 52〜55
体育学部 40〜50
理工学部 43〜50
法学部 43〜50
文学部 48〜50
21世紀アジア学部 45〜50
経営学部 48〜53

国士舘大学の偏差値レベルは?難易度や学費・就職情報を解説!

各大学の特色を知ろう

「大東亜帝国」という5つの大学をまとめた呼称はあるものの、大学の規模や学部・学科によって難易度や特色は異なります。例えば、東海大学と帝京大学には医学部があり、他学部や他大学よりも難易度が高いと言えるでしょう。

留学を希望する場合は、留学に力を入れ、学部や留学プログラムが充実している大東文化大学と亜細亜大学がおすすめ。大東文化大学の国際関係学部の偏差値は38〜40、亜細亜大学は45〜50なので、亜細亜大学の方が偏差値では上となっています。

スポーツの分野を学びたいのであれば、体育学部のある東海大学と国士舘大学がおすすめです。偏差値を見る限りでは、東海大学の方が受験の難易度が高いのが分かります。