経済学部は就職に有利?経済学部の主な就職先を紹介 ( 2 )

経済学部の就職先

経済学部の先輩方はどんなところに就職しているのでしょうか? 経済学部から多い就職先をご紹介します。

金融

学んだ知識を生かせる就職先として、金融業は経済学部の学生に人気です。銀行や証券、保険といった業種があります。ファイナンシャルプランナーや証券アナリスト、簿記検定などを取得すると就職に近づけます。

サービス

経済学部の就職先として金融業の次に多いのがサービス業です。サービス業は業種が幅広く、航空業界や旅行代理店、飲食業、ホテルなど多岐にわたります。不動産関連では、不動産鑑定士資格、宅地建物取引主任者資格など。経営コンサルタント系では、中小企業診断士資格試験、社会保険労務士などの資格が役立ちます。

商社

商社は、貿易や物流を取扱います。海外で活躍できる場も多いので、貿易業に必要な通関士資格や、TOEICなどの英語資格があると就職に強いです。

メーカー

住宅、自動車、食品、製薬・工業・科学などさまざまな分野のメーカー企業があります。経済学部の学生は、経営や販売戦略など実践的なことも研究している場合もあるので、メーカーに就職することも多いです。

公務員

経済学部では、国家公務員や地方公務員を目指す学生も少なくありません。財務管理や社会保険、年金など公共サービスでも経済関連の知識が生かせる場があります。

通信

IT企業やマスコミ関連も就職先として選ばれています。数字に強い経済学部の学生ならではかもしれません。マイクロソフトオフィス検定(MOS)を取得しているとIT系企業の就職を目指す学生には有利でしょう。

小売・流通

百貨店や専門店、卸業などの就職先も考えられます。近年は、ECサイトが台頭してきており、物流の流れも変わってきていることから、経済学で学んだ知識を生かせる場面も増えてきています。

1 2 3