対策すれば大丈夫!センター試験のトラブル事例や防ぐ方法とは ( 3 )

眠気を減らすために昼食は少なくすること

緊張しているとはいえ、お腹がいっぱいになれば眠気が襲ってきます。日頃の睡眠不足が急に出てしまうという可能性もあるのです。そのため昼食は少なめに摂るようにしましょう。必要以上に食事を摂ると、消化のために胃に血液が集まってしまい、脳の働きが鈍くなってしまいます。かといって全く昼食を摂らないのもいいことではありません。腹八分目を心がけ、眠気を抑えられる程度に昼食を摂ってください。

不安であれば試験会場を下見すること

キャンパスの広い大学が会場だったり、普段行かない場所に行かなくてはいけなかったりする場合は、あらかじめ会場を下見しておくことをおすすめします。当日の交通トラブルに備えて、いくつかの方法(違う路線を利用する・徒歩で行ける経路を確保する)を確認しておくことも重要です。下見を行う際は、できれば当日と同じ時間帯で感覚をつかんでおくといいでしょう。

センター試験に備えてトラブルを防ごう

センター試験は受験勉強の集大成です。当然やり直しはできませんし、トラブルが原因で力を発揮できないとなれば、進路にも大きな悪影響を及ぼします。

  • 体調管理は万全すぎるほど万全に行う。
  • いくつかのトラブルを想定して、可能な対処法を考えておく。
  • 緊張したときに自分がどうなるのかを知っておく。

など、事前に対処できることは準備を怠らないようにしましょう。また、万が一トラブルに見舞われた場合は、落ち着くことが大切です。何か対応できる方法はないかを考え、どうしようもない場合は、すぐに申し出るようにしましょう。今までの努力を水の泡にしないためにも、トラブルに対応できるような心構えをもって臨むことが重要だといえます。

参考
センター試験はトイレも行けない?~センター試験のトラブル、クレーム対応を考える|yahooニュース
センター試験会場は下見した方がいい?|yahooニュース
本当にあった!センター試験では思いがけないトラブルに要注意!|進路のミカタ
センター試験 トラブルバスター:センター試験の準備・行動を先輩たちから学ぶ!|大学受験パスナビ
受験期のトラブル・受験期の子どもとの接し方|Kei-Net

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)