愛愛名中とは?偏差値や入試難易度について紹介 ( 3 )

愛愛名中の難易度や就職先は?

それでは次に、愛愛名中の入試難易度や就職先について紹介します。

入試の難易度について

愛愛名中の偏差値は40~57.5と、学部によって入試難易度は異なりますが、50以上の学部に関しては、入試難易度が比較的高いと言えるでしょう。そのため、受験対策は計画的に行う必要があります。

例えば、愛愛名中の中でも偏差値レベルが高い名城大学は、学部によっては倍率が5倍となる場合もあるようです。人気学部の場合は、一般入試で良い結果を出すことが求められます。

就職先は地元企業が多い

愛愛名中は地元企業への就職に強く、就職率も9割を超えているという大きなメリットがあります。豊田自動織機、東海旅客鉄道(JR東海)、名古屋市教育スポーツ協会、地元の市役所や警視庁など、大手企業や公務員となった卒業生が多くいます。

将来は地元で働きたいと考えている中部地区在住の生徒は、愛愛名中を選択するというケースも多いようです。

愛愛名中は就職率が高い中堅大学群

愛愛名中とは?偏差値や入試難易度について紹介
中部地区において人気の高い愛愛名中。総合大学という特徴を生かし、他学部への履修制度や充実した設備はもちろん、国際交流が盛んでさまざまな文化に触れることができる魅力ある大学群です。偏差値の幅は40~57.5と幅がありますが、学部や学科によっては入学しやすい学部もあります。地元企業で地域活性化を目指したい方には特におすすめの大学群ですので、気になる方はさっそくオープンキャンパスや資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

参考
愛知大学
愛知学院大学
名城大学
中京大学
大学進学情報のゴートゥースクール|河合塾グループ

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。