愛愛名中とは?偏差値や入試難易度について紹介

愛愛名中とは?偏差値や入試難易度について紹介

みなさん、「愛愛名中」という言葉を聞いたことがありますか?愛知県にお住いの場合は聞いたことがあるかもしれませんがこれは愛知県にあるとある四つの私立大学をまとめた総称です。今回は「愛愛名中」について大学の概要と入試難易度についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

愛愛名中とは

「愛愛名中」は、愛知県の中堅私立大学4校をまとめた呼称で、以下の大学のことを指しています。

  • 愛知大学
  • 愛知学院大学
  • 名城大学
  • 中京大学

それぞれの頭文字を取って「愛愛名中」と呼ばれていますが、学生数が多く、地元企業への就職率が高いといった特徴があります。愛知県内には、私立の大学がたくさんありますが、中でも「愛愛名中」の4大学はどういった特色があるのでしょうか。

愛知大学(偏差値47.5~55

1946年に創設された愛知大学は、「世界文化と平和への貢献」「国際的教養と視野をもった人材の育成」「地域社会への貢献」を建学の精神として掲げています。国際研究の高い実績を積み、グローバル化に対応するために留学制度やさまざまな取り組みを展開しています。

名古屋キャンパスは、異文化交流拠点となる「グローバルラウンジ」や、プロジェクトやグループ学習を支援する「ラーニングコモンズ」などが新設され、名古屋駅から近いという利点を活用し、企業と連携した産官学連携プロジェクトや、国内外へのインターンシップ制度など、充実した教育を提供しています。

学部は「法学部」「経済学部」「経営学部」「現代中国学部」「国際コミュニケーション学部」「文学部」「地域政策学部」などがあります。

愛知大学

愛知学院大学(偏差値40~52.5

1953年に創設された愛知学院大学は、9学部16学科と短期大学部で構成されており、約1万2,000人の学生が在籍する総合大学です。学部、学年、社会、国境を超えて学び合う「クロスオーバー型教育」を推進しており、所属する学部や学科以外の科目の受講が可能で、卒業に必要な単位の1~2割を修得できる「他学部・他学科履修制度」を導入しています。

卒業生は、企業や公務員だけではなく、政界、財界、産業界など、あらゆる分野の世界で活躍しており、そのネットワークは在学生の就職支援を大きくサポートしています。学部は「法学部」「経済学部」「経営学部」「現代中国学部」「国際コミュニケーション学部」「文学部」があります。

愛知学院大学

名城大学(偏差値47.5~57.5

1949年に設立された名城大学は、9学部23学科から構成される総合大学です。「他学部履修制度」を導入し、大学院との連携を図ることで、研究活動の高度化を実現しています。また、留学生や外国人研究員の受け入れ、海外の大学との連携をとおして、国際交流が盛んに行われており、国際化に対応できる人材の育成に力を入れています。

学部は「法学部」「経営学部」「経済学部」「外国語学部」「人間学部」「都市情報学部」「理工学部」「農学部」「薬学部」があり、特に理工学部は、世界最先端の教育プログラムを導入しており、理学系、機械系、環境系に強い大学として知られています。

名城大学

中京大学(偏差値45~57.5

中京大学は1954年に設立された中京短期大学を前身としており、11学部18学科から構成される総合大学です。文学系の学部から工学部、スポーツ科学部まで、幅広い学科が集まる全国有数の総合大学で、「学術とスポーツの両立」の理念を持っています。

学問に真剣に向き合いながら、スポーツを通して人間力を高める精神を追求しており、元フィギュアスケート選手の浅田真央が在学していたことでも知られています。学部は「国際英語学部」「国際教養学部」「文学部」「法学部」「経営学部」「総合政策学部」「現代社会学部」「心理学部」「経済学部」「工学部」「スポーツ科学部」の11学部が設置されています。

中京大学