【実は我が子も?】さとり世代の特徴ご紹介!将来どんな大人になる?

【実は我が子も?】さとり世代の特徴ご紹介!将来どんな大人になる?

「さとり世代」という言葉をご存知でしょうか? 「ゆとり世代」から派生している世代とされており、実は自分自身の子も「さとり世代」の一員かもしれません。「さとり世代」とはどのような特徴を持った世代なのでしょうか? 当記事では「さとり世代」の特徴や、将来どのような大人になるのかなどについてご紹介します。

「さとり世代」とはどんな世代のこと?

「さとり世代」とはどのような世代のことを指すでしょうか。「さとり」は漢字にすると「悟り」であり、物事の真実に気づいたり、真意を見抜いたりするなどの意味を持っています。

それでは、「さとり世代」は何を悟っている世代なのでしょうか。年齢や生まれ育った時代背景などから、「さとり」の内容を見ていきましょう。

「さとり世代」はいつから?現在の年齢は?

「さとり世代」は「ゆとり世代」の派生型であるとされています。年齢層も「ゆとり世代」と重なるところがあると言われています。

しかし、その年齢の範囲には明確な定義はありません。「さとり世代」と「ゆとり世代」は同じ年代であるとする人や、「さとり世代」は「ゆとり世代」の次の世代であるとする人などがいます。

「ゆとり世代」とは「ゆとり教育」を受けて育ってきた世代のことを指す言葉です。年齢は、「脱ゆとり教育」までの移行期間を含めると、下は2002年度生まれから、上は1987年度生まれまでを指しています。「さとり世代」が「ゆとり世代」に含まれるとすれば、2018年現在で下は15歳から上は31歳までの人が「さとり世代」であると言えるでしょう。

「さとり世代」が生まれた原因!時代背景とは

「さとり世代」はどうして生まれたのでしょうか。その原因について、時代背景とともにご紹介します。

「さとり世代」が成長してきた時代には、数々の大きな社会現象が起こりました。例えばバブル崩壊、阪神淡路大震災、リーマンショック、東日本大震災など、経済や環境が不安定な時期が何度も訪れました。中には家庭の経済状態が良くない時期があった人もいるかもしれません。

一方でIT化が急激に進んだ時代でもあります。「さとり世代」は生まれながらのデジタルネイティブです。情報通信業の発達による恩恵を受けながら、日々多くの情報を得て大人になっていきます。もっと上の世代の人と比べると、世の中の動きに敏感である可能性があるでしょう。

「さとり世代」は良くも悪くも、常に多くの情報にもまれて育ってきました。どれだけ努力をしても経済が崩壊することがあることを知り、自然の前での人間の無力さを映像とともに学び、SNSの発達によって「いつでも誰かに見られている」ような感覚を幼いころから味わってきたのです。

その中で「世の中にはどうにもできないこともある」という道理を、無意識のうちに理解しているのではないでしょうか。そしてその感覚を表すために「さとり」という言葉が使われている可能性があるでしょう。

「さとり世代」はどのような特徴を持っている?

「さとり世代」はどのような特徴を持っている?
「さとり世代」はどのような特徴を持っている世代なのでしょうか? 今回は「さとり世代」の特徴を3つご紹介します。

自身の安定を求めて……成長意欲が高い!

「さとり世代」の特徴の1つに、成長意欲が高いという点が挙げられます。

国際コーチ連盟認定マスターコーチで、『人がおもしろいように育つホメシカ理論』(梓書院)の著者である野津浩嗣さんはインタビューの中で、「さとり世代」の特徴について以下のように述べています。

「そんな時代背景から『国や大人には頼れない』『自分の価値は自分で高めるしかない』という危機感を抱いているので、意外に思われるかもしれませんが、成長意欲はとても高いんです」

(引用元:ゆとり世代・さとり世代の後輩を上手に指導する方法は? ほめ方のプロ、ホメシカ先生が教える「サンドイッチ話法」|はたラボ

ご紹介したように、「さとり世代」は非常に不安定な社会の中で成長してきました。そのようすを肌で感じてきた結果、「自分の力を高めなければいけない」という意識が働きやすくなっている可能性があるでしょう。

穏やかな人間関係を好む傾向がある

「さとり世代」の特徴の1つに、穏やかな人間関係を好むという点が挙げられます。野津さんは同インタビューの中で、以下のようにも述べています。

「自己表現を得意としつつも、誰の顔も立てることができ、愛想が良い印象です。」

(引用元:ゆとり世代・さとり世代の後輩を上手に指導する方法は? ほめ方のプロ、ホメシカ先生が教える「サンドイッチ話法」|はたラボ

デジタルネイティブである「さとり世代」はオンラインにおけるやり取りには比較的慣れているでしょう。多くの人と触れるからこそ自己主張をしながら相手へ理解を示す、ということが得意である可能性があります。

また、インターネットを使用することで起こる「個人情報の流出」や「炎上」、「誹謗中傷」なども幼いころから気をつけるように言われています。その教えを守ろうと、インターネット上でのやり取りは穏やかであったり、過激な内容を控えていたりする可能性もあります。

この努力によって穏便な人間関係が生まれ、お互いに穏やかに過ごせるような配慮をし合うことができている可能性があるでしょう。

組織のためよりも自分のために行動する

「さとり世代」の特徴の1つに、組織への貢献よりも自己成長を重視する、という点が挙げられます。野津さんは同インタビューの中で「さとり世代」の特徴について、以下のようにも述べています。

「自分が好きなことや気が向いたことにはのめり込むものの、興味がなければ触れようとしません。ですので、自分自身の目標達成のためには頑張るけれど、『組織の目標のために貢献しよう』という意識は薄く、自己犠牲の精神はあまり見られません。」

(引用元:ゆとり世代・さとり世代の後輩を上手に指導する方法は? ほめ方のプロ、ホメシカ先生が教える「サンドイッチ話法」|はたラボ

「さとり世代」は揺れ動く社会を見て育ってきました。組織のためよりも、自分自身を守るために必要な力を高めることを重視している可能性があるでしょう。

1 2 3 4